温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年08月17日

温盛手成志の夏休み


 昨日と今日の2日間、夏休みをいただきました。
 と、いっても、僕の場合、半分は仕事なんですけどね。

 フリーになって、約20年。
 世間様のように土・日・祝日に休みを取ることはありません。
 盆・暮れもなく、せいぜい正月休みがあるくらいです。
 では1年中、休みがないのかといえば、いえいえ、たくさんありますよ。

 仕事がないときが、休みです。
 または、仕事をしたくない日が、休日です。


 と、いうことで、無理矢理ですが、昨日と今日の2日間を僕の “夏休み” としました。

 だからといって、家族でどこかへ出かけたわけではありません。
 今年からライフワークで取材に通っている沼田市の老神(おいがみ)温泉へ行ってきました。


 えっ、じゃあ仕事でしょ?って・・・・
 これが、仕事のような、そうじゃないような、ただの飲み会のような、僕にも良く分からんのです。
 要は、老神温泉で 「盆踊り大会」 が開催されているので、取材がてら遊びに行って来たのであります。

 じゃあ、やっばり仕事じゃないかって?
 う~~ん、微妙ですね。
 だって、酒飲んで、踊るだけですからね。


 僕と一緒に老神温泉を訪ねたのは、ディレクターのK氏とデザイナーのK君。
 そして、ご主人と女将さんのご厚意により、昨晩、泊めていただいたのは、素泊まりの宿 「楽善荘」 であります。
 ※(楽善荘については、当ブログの2014年6月13日 「老神温泉 楽善荘」 参照)

 ところが昨日は一日中、あいにくの雨!
 「せっかく来ていただいたのに、これでは盆踊りをやるか心配ですね」
 と、女将さん。
 「僕らの日頃の行いが良いから、そのうち雨も上がるでしょう」
 とかなんとか言っちゃって、ノンキなもんです。

 雨でも晴れでも、僕らにとっては同じこと。
 宿に着いたら、やることは2つ!
 温泉に入って、湯上がりのビールの飲むことです。

 僕らは雨音をBGMに、すぐに缶ビールを飲みだしました。
 ご存知、ここ 「楽善荘」 は飲食物持ち込み自由の宿ですからね。
 適当に、乾き物なんかテーブルに広げて、始めていたのです。


 「そろそろ6時ですね。行ってみましょうか!」
 と最初に腰を上げたのは、K氏です。
 「えっ、外は雨ですよ。盆踊りは中止でしょう」
 と言えば、
 「盆踊りは8時からです。違いますよ、“おもてなし” ですよ」

 “おもてなし” とは、老神温泉観光協会が運営している居酒屋なんです。
 正しくは、「温盛手成志」 と書きます。
 場所は、楽善荘のとなり!


 「小暮さん、お世話になります。先日は新聞に老神温泉のことを書いてくださり、ありがとうございました」
 と、カウンターの中から現れたマスターは、何を隠そう! 観光協会長の金子さんであります。
 「うわ~、なんだか居酒屋の店主が板についていますね」
 と言えば、
 「好きなものを頼んでください」
 と言われ、ならばと、まずはジョッキの生ビールと焼き鳥を注文しました。


 カラン、コロン、カラン・・・

 午後8時、少し前。
 小雨の降る中を傘を差して、浴衣に下駄といういでたちで、温泉街の坂道をほろ酔い気分で上りました。
 ところが、雨足は徐々に激しくなり、盆踊り会場に着く頃にはドシャ降り状態です、
 もちろん、櫓(やぐら)が組まれた広場には、人っ子一人いません。

 「こりゃ~、中止ですね」
 と言いながら、協会の建物の軒下で雨宿りをしていると・・・

 奇跡が起きました!
 開催時間になった途端、ピタッと雨が止んだのです。
 と同時に、快適な盆踊りの音楽が流れ出し、あれよあれよのうちに、着物姿の女将さんや浴衣姿の泊り客たちが、ぞろぞろと集まって来ました。

 「こんな魔法のようなこともあるんだね」
 と、僕。
 「ええ、ふだんの行いが良いからですよ。我々の行く末を案じているようじゃないですか!ほら、見てください。星が出てますよ」
 と、K君。
 「ん? 本当だ! たくさん出ているね。僕らの未来は明るいぞ!」


 しばらくすると、撮影を終えたK氏が戻ってきました。
 「さ、そろそろ温盛手成志にもどって、飲み直しましょうや」
 「そうしましょう!」

 これが、僕の今年の夏休みでした。


同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 ちょっと、ひと休み (2018-10-19 11:27)
 イルカに乗ったひまわり娘 (2018-10-08 17:08)
 魔法のチケット (2018-09-26 14:57)
 7回裏、チャンス到来! (2018-08-20 18:17)
 10%のしあわせ (2018-08-01 19:24)
 ハラスメント対策 (2018-06-05 10:26)

この記事へのコメント
いつも楽しく拝読させていただいてます。初めてコメントさせていただきます。
楽善荘はよくお世話になっているお宿なので、女将さんからちらほらと話は伺っていたのですが、ようやく開店が実現したのですね。
静かな温泉街で気に入っている老神なのですが、もう少し活気を取り戻して欲しい気持ちもあります。老神の書かれた本が出版される日を楽しみにしてます。
Posted by こうすけ at 2014年08月18日 00:42
こうすけさんへ

はじめまして!
いつもご愛読ありがとうございます。
おっしゃるとおり、もう少し活気がほしい気もしますが、あの “ひなびた感” も僕はキライじゃありません。
バブルの泡とともに、ドンチャン騒ぎの温泉街は消えましたが、そのぶん、本当に湯を愛する温泉宿が残りました。
もちろん楽善荘も、そんな湯守のいる愛すべき温泉宿の一軒です。

今後も老神温泉ともども、当ブログもよろしくお願い申し上げます。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年08月18日 13:48
私は76歳になります。
とても他人ごととは思えない悲しい出来事です。
認知症の検査を受け無事昨年免許の更新をしましたが、
妻には助手席で少しでも私の運転の異常に気づいたら
ハンドルを握るのをやめるので言ってくれと頼んであります。
加害者になるということは二人の娘夫婦と七人の孫達を
被害者にしてしまうことになるからです。
いつでも免許証を返す勇気を持って残りの人生を過したいと思っています。
Posted by 気まぐれ爺さん at 2018年02月04日 14:29
気まぐれ爺さんへ

“加害者になるということは、家族を被害者にしてしまうこと”
まさに、そういうことなんですね。
日本は、かつて経験したことのない超高齢化社会を迎えています。
世界一の長寿国として、手本になる法の整備が急がれます。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2018年02月05日 19:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
温盛手成志の夏休み
    コメント(4)