温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年08月20日

風は吹いているか?


 「えっ、小暮さんは、まだ観てないんですか? あれは宮崎駿の最高傑作ですよ!」
 デザイナーのK君が、酒を飲みながら熱く熱く語るのでした。
 アニメ映画 『風立ちぬ』 のことです。

 実は僕、1年前の劇場公開時に、このブログでも宮崎駿監督について書いているんですよね。
 ※(当ブログの2013年7月22日 「損得ではない10年」 参照)
 だからブログの読者でもある彼は、僕は観ているものだとばっかり思っていたようです。

 申し訳ない!
 昨年の夏は、うっかり公開を逃がしてしまったのでした。


 と、いうことで、K君と飲んだ翌日、僕はさっそくレンタルビデオ店に駆け込んで、『風立ちぬ』 のDVDを借りてきました。

 いやいや、K君のおすすめに間違いはな~い!
 泣けて、泣けて、泣けて、続けて2回も観てしまいましたよ。

 えっ、そんなに悲しいのかって?
 いえいえ、たぶん、僕が泣いたのはラストシーンではありません。
 しかも、涙なんて一滴もこぼれませんでした。

 ただ、ただ、心が震えるシーンが、何ヶ所もあったのです。


 主人公の航空技術者、堀越二郎と、彼が尊敬するイタリアの設計家、カプローニは、互いの夢の中で何度も遭遇します。
 二郎は、少年の頃に初めてカプローニと夢の中で会った時、自分は飛行機の設計技師になることを誓うんです。
 でも、夢は遠く、月日はいたずらに過ぎるばかり。
 それでも二郎は、夢を追い求めます。

 「キミの10年を力を尽くして生きなさい」
 カプローニは、二郎に会うたび、そう、念を押します。
 そして、必ず彼に、こう問いかけるのです。

 「風は吹いているか?」


 ああ、もうダメです~!
 このセリフが、僕の心の奥の奥のそのまた奥に大切にしまって置いた “パンドラの箱” の扉をこじ開けるのです。

 「はい、吹いています」
 と二郎が言うたびに、僕も心の中で、
 <もちろん、吹いているにきまっているさ>
 と、大声で叫んじゃうのです。


 遠い遠い少年の日、夢見た世界があります。
 その場所へは、いったい、どれくらい時間をかければたどり着くのでしょうか?
 いつになるかは分からない、はるか遠い夢の世界ですが、
 “風” なら今も、確かに吹いているのです。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 天高く老若男女が駆ける秋② (2018-10-15 14:47)
 “還活” の成果と誤算 (2018-10-10 11:48)
 われら、逃げ切り組 (2018-10-02 13:58)
 白髪ロン毛同盟 (2018-09-24 12:56)
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)

この記事へのコメント
明日から、イニシャルDの劇場版が公開です。
嫌いでなかったら、チェックしてくださいね。
Posted by ぴー at 2014年08月22日 11:08
ぴーさんへ

イニシャルDですか?
「・・・・・・」
キライもなにも、う~ん、ごめんなさい。
よく知りません。
たしか、群馬が舞台の車のマンガですよね?
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年08月22日 20:08
なんか無理難題すいません。

はい。群馬が大元の舞台です。最後は県外が舞台になっちゃいますが。
赤城だの秋名(榛名)だの碓井だの…と県民ならお馴染みな

伊香保♨の石段近くの豆腐屋の息子が主人公で、ときどき伊香保や榛名湖がでてくる漫画なんですよ。
ただ車で暴走(本人たちは、走り屋と言ってます)しているだけでなく、男の夢と純愛が隠れたテーマになってます。
Posted by ぴー at 2014年08月23日 14:17
ぴーさんへ

ご説明、ありがとうございます。
昔から僕はマンガが苦手なもので、無知ですみません。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年08月23日 21:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
風は吹いているか?
    コメント(4)