温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年09月08日

片品温泉 「みよしの旅館」


 以前、何度か <湯の良い宿かどうかは、宿の前に立つと分かる> と書きましたが、泉質までは、なかなか分かるものじゃありません。
 ただ、その土地土地で泉質の傾向というものはありますから、予想くらいはつきます。

 たとえば片品温泉(群馬県利根郡片品村)。
 片品温泉に限らず片品村は、そのほとんどが単純温泉またはアルカリ性単純温泉で、42度以上の高温泉が湧いています。
 微妙な成分の混合により、にごりや臭いというものはあっても、泉質としての大差はありません。

 先日訪ねた片品温泉最古の源泉を保有する 「千代田館」 の湯も、アルカリ性単純温泉でした。
 で、千代田館と片品川をはさんで対岸に建つ 「みよしの旅館」 は、目と鼻の先。
 話によれば、保有する自家源泉は戦後になって掘削したものですが、千代田館同様に片品川河川敷に湧出しています。
 たぶん、直線距離にして100メートルと離れていないと思います。

 ところが、これがビックリ!
 浴室のドアを開けた途端、モワ~~っと体に張り付いてきた蒸された空気は、完全にゆで卵の臭いです。
 「みなさん、驚かれますね。専門家の方も、このあたりでは珍しい泉質だと言ってました」
 と、2代目主人の吉野健太郎さん。

 泉質は、アルカリ性単純硫黄温泉です。

 湯は無色透明なのですが、かなり濃厚な硫化水素臭が漂っていました。
 しかも、pH9・0のアルカリ性ですから、湯はやさしく肌にまとわり付きます。
 ツルツルッと、ローションのような肌触りがします。


 片品温泉自体は、高度成長期のスキーブームや尾瀬登山ブームに発展したリゾート温泉地ですが、こうやってめぐってみると知られざる “湯の良い” 温泉宿があるものです。
 今でも、湯に惚れ込んで長期滞在する湯治客がいるというのも、納得であります。

 温泉は見かけによらぬもの!

 これからも1軒1軒、ていねいに取材を続けていきたいと思います。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 川古温泉 「浜屋旅館」⑧ (2018-12-13 10:32)
 尻焼温泉 「星ヶ岡山荘」 (2018-11-28 11:59)
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
片品温泉 「みよしの旅館」
    コメント(0)