温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年09月10日

老神温泉 「牧水苑」②


 2年2ヶ月ぶりに、老神(おいがみ)温泉の 「牧水苑」 を訪ねてきました。

 前回は新聞記事の取材で、女将の桑原球(たまき) さんにインタビューしました。
 あの時は日帰り取材でしたが、今回はゆっくり泊まって、じっくりと取材をしてきました。


 「牧水苑」 の牧水とは、もちろん歌人の若山牧水のことです。
 大正11年10月、牧水は老神温泉を訪れています。

 その時に泊まった宿なのかって?
 いえいえ、そんなことはありません。
 「牧水苑」 の創業は、昭和57年ですからね。

 では、なんで 「牧水苑」 なのか? 
 実は、女将さんと牧水とに、深~い接点があるのです。
 ※(いわれについては、当ブログの2012年7月7日 「老神温泉 牧水苑」 参照)


 夕食の席では、これまた牧水ゆかりの名前が付いた 「たまゆら」 という同館オリジナルの地酒をいただきました。
 そして食後は、女将さんとご主人の朝吉さんも同席して、老神温泉の歴史や牧水のこと、牧水の著書 「みなかみ紀行」 についてなど、時が経つのも忘れて、楽しい楽しい温泉談義に花が咲きました。

 何年か前のこと。
 東京在住の牧水のお孫さんが訪ねて来たそうです。
 「思いがけない祖父の足跡をたどることができた」 と言って、涙をこぼされたとのことでした。

 ロビーには、牧水の掛け軸や写真、関連書籍などが展示されています。
 牧水ファンは、ぜひ一度、訪ねてみてください。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 片品温泉 「湯元 千代田館」② (2017-10-25 10:54)
 下仁田温泉 「清流荘」⑨ (2017-10-21 11:47)
 法師温泉 「長寿館」⑧ (2017-10-19 14:22)
 伊香保温泉 「よろこびの宿  しん喜」② (2017-10-01 17:27)
 塩原元湯温泉 「大出館」 (2017-09-27 14:16)
 下仁田温泉 「清流荘」⑧ (2017-09-21 19:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
老神温泉 「牧水苑」②
    コメント(0)