温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年09月15日

生きてりゃいいさ②


 「医者によれば、あと5年は生きるそうですよ」

 Kさんは、実家の近くに暮らすご老人です。
 大正13年生まれの満90歳。
 僕のオヤジと同い年です。

 ただね、歳は同じでも、見た目も中身もだいぶ差があります。
 だってKさんたら、
 「6月に免許の更新に行ってきましたよ」
 ですって!
 まだ車の運転をしているんです。
 (うちのオヤジは80歳で、免許を取り上げました)

 そんなKさんが一昨日、オヤジを迎えに来ました。
 町内の公民館で開かれる 「敬老祝賀会」 に出席するためです。

 「ほら、じいさん、Kさんが迎えにきたよ」
 と言えば、
 「Kさんって誰だい?」
 なーんて、本人を前に失礼なボケをかまします。

 「一緒に行こうってさ。迎えに来てくれたんだよ」
 「どこへ?」
 「公民館だよ」
 「なんでさ?」
 「だから、何度も言ってるだろ! 敬老会だよ」

 Kさんは、そんな親子の会話を聞いて、ただニコニコと微笑んでいました。


 数時間後、僕は公民館にオヤジたちを迎えに行きました。
 シッカリとした足取りで、Kさんが折り詰めを手に出てきます。

 「こうやって出られるのも、今年が最後かもしれませんよ」
 「そんなことはないでしょ。Kさんは元気だもの」
 「90歳以上は、私と小暮さんだけでした。だんだん出られなくなるんでよ」
 とKさんと玄関で話し込んでいて、オヤジの存在を忘れていました。

 「えーと、オヤジは…」

 いました、いました!
 会場の真ん中に突っ立って、オロオロしています。
 「わかんないよ~、わかんないよ~」 を連発しています。


 公民館からの帰り道。
 Kさんがポケットからタバコを取り出して、おいしそうに吸い出しました。
 僕がビックリした顔をすると、
 「私は、これが楽しみでね」
 「若い頃から吸っているんですか?」
 「兵隊に行ったときからだから、もう70年以上吸っていますよ」

 これまた驚いていると、
 「医者にね、タバコは止めたほうがいいですか?って訊いたんですよ」
 「そしたら?」
 「いえ、あなたはガンにならない体質ですから、お吸いなさいだって」
 そう言って笑いながら、おいしそうに煙を吐き出すのでした。


 あんまり元気なKさんを見ていると、なんだかオヤジが不憫に思えてなりません。
 とっくの昔に、車の運転も止めて、タバコも止めて、これといった趣味も楽しみもなく生きています。
 たった1つの楽しみだった散歩も、迷子になってからは禁止されてしまいました。

 「私は散歩が好きでね。毎日、2キロ先の喫茶店まで行って、コーヒーを飲んで帰って来るんですよ」

 オヤジが聞いたら、うらやましがる話ですが、幸か不幸か耳が遠いので聞こえていませんでした。


 老人には、個体差があるのですね。
 息子から見ても、Kさんは確かに、うらやましい老人です。
 介護の必要がありませんもの。

 でも、じいさん!
 じいさんは、じいさんのままでいいよ。
 散歩なら、オレが一緒に行ってやるからさ。

 生きてりゃいいさ。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
生きてりゃいいさ②
    コメント(0)