温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年09月17日

鎌田温泉 「梅田屋旅館」③


 <何ィ俺は素面(しらふ)だァ この野郎人生を 何だと思ってやんでぇ 人生なんて全て 成り行きだァな>

 また、会えました!
 ふすまいっぱいに描かれた落書き(?)です。
 誰が描いたって?
 こんな素敵な言葉を吐くのは、立川談志師匠に決まっているじゃありませんか!


 昨晩は、群馬県片品村の鎌田温泉 「梅田屋旅館」 のご厚意により、泊めていただき、村内の施設を取材してきました。
 創業は明治44(1911)年。
 尾瀬や日光の行き帰りに投宿する料理旅館として、明治・大正・昭和・平成の旅人をもてなしてきた街道屈指の老舗です。


 「お帰りなさい。お疲れになったでしょう」
 と夕刻、迎えてくれた4代目女将の星野由紀枝さん。
 女将さんとは、もう、何回も雑誌や新聞の取材でお世話になっています。

 「小暮さんのお仕事も、大変なお仕事ですね」
 なーんて、ちゃんとねぎらい、もてなしてくださるのです。
 「いえいえ、女将さんの仕事のほうが苦労が多いと思いますよ」
 とかなんとか雑談を交わした後、部屋で旅装を解いて、まずは一風呂!

 実はこの日だけで、梅田屋の湯に入るのは3度目なのです。
 すでに午前中、露天風呂の 「三郎の湯」 と、半十六角形風呂の 「美人蕉(ひめばしょう)」 の湯は撮影のために入浴しています。
 ので、一日の終わりは、大浴場の 「水芭蕉の湯」 に、仕事を忘れてのんびりと浸かりました。


 夕食は、広間 「武尊(ほたか)」 でいただきました。
 ここと隣の広間 「白根」 にある12枚のふすまに、師匠の “お言葉” が描かれているのです。
 ※(談志師匠と梅田屋の関係については、当ブログの2011年11月24日 「師匠が愛した温泉」 を参照)

 イワナのあらい、キノコのホイル焼き、ニジマスの唐揚げなど、5代目主人であり、板長を務める星野修一さんが腕をふるってくれた山里の料理に、酒が進みます。
 「こちらが、師匠が必ず召し上がった大好物のすいとんです」

 グツグツと煮えたすいとんは、あっさりとした味噌味で、これまた酒に良く合います。
 「『おい、家でも作りたいから、作り方を教えろ!』 とまで言われました」
 ですって。


 師匠が他界して、早や3年になろうとしています。
 今年も命日には、ファンが訪ねて来ることでしょうね。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 片品温泉 「湯元 千代田館」② (2017-10-25 10:54)
 下仁田温泉 「清流荘」⑨ (2017-10-21 11:47)
 法師温泉 「長寿館」⑧ (2017-10-19 14:22)
 伊香保温泉 「よろこびの宿  しん喜」② (2017-10-01 17:27)
 塩原元湯温泉 「大出館」 (2017-09-27 14:16)
 下仁田温泉 「清流荘」⑧ (2017-09-21 19:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
鎌田温泉 「梅田屋旅館」③
    コメント(0)