温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年09月20日

卒寿の晩餐


 「なぁ、ばあちゃんよ。ジュンを産んでおいて良かったな」
 「そうですね」
 なーんて、聞こえよがしに言われれば、介護の疲れも吹き飛んでしまいます。

 食い物はこぼすし、小便はたらすし、他人の靴は履くし、認知症が進んで何から何まで手のかかるオヤジですが、それでも、息子のことをそんな風に思っていてくれたんですね。


 僕と兄は、7歳も年が離れています。
 どうして、そんなに離れているかというと、兄と僕の間にもう一人 “きょうだい” がいたからなんです。
 死産でした。

 子どもの頃、仏壇に毎日、ミルクを上げているオフクロを見て、不思議に思い訊ねたことがありました。
 するとオフクロは、
 「産まれて来れなかった子のごはんだよ。お前のお兄さんか、お姉さんだね」
 と教えてくれました。

 そして、こんなことも言ったのです。
 「お前が、今こうしているのも、この子のおかげもしれないんだよ」 と……。

 もし、この子が産まれていたら、僕は3番目の子どもとして誕生してなかったかもしれないということです。

 きっとオヤジは、そのことを言っているんだと思います。
 僕を産んでおいて良かったと・・・


 で、そんなオヤジが、今日、無事に誕生日を迎えました!
 1924年(大正13年) 生まれですから、満90歳であります。

 いやいや、息子たちに面倒をかけながらも、スクスクと老いています。


 「で、そういうことで、今週は前橋に居られないからさ。悪いんだけど、その日は、お前がビールで乾杯して、オヤジを祝ってやってくれよ。正式なお祝いは、日を改めてするから。お願いするよ」
 と今週、兄はヤボ用があり、東京へ帰ったままです。


 さーて、そろそろ、夕食の準備をしに、実家へ戻らなくてはなりません。
 今晩は、オヤジの好きな魚でも煮てやりましょうかね!
 腕をふるいますよ~!

 そして、ささやかながらオフクロと3人で、 “卒寿” を祝いたいと思います。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 憧憬と焦燥 (2017-11-18 23:25)
 マロの独白(33) くっつき虫に御用心! (2017-11-16 18:49)
 特殊任務遂行指令 「HHS」 (2017-11-13 19:37)
 「いまに見ていろ!」 の今 (2017-11-06 12:13)
 遺伝子のバトン (2017-10-31 11:36)
 マロの独白(32) 寝る爺は育つ (2017-10-23 15:06)

この記事へのコメント
おめでとうございます!
ご両親さまと、楽しい夕げを(°∀°)


わたくしの両親は来月結婚50年目を迎えます。
元気で仲良く過ごしていてくれて有難いです。

淳さまのご両親さまも、お元気でおられますように。
Posted by マヤ at 2014年09月20日 16:06
おめでとうございます。
お祝いの用意は着々と段取りよく進んでいることと思います。楽しい食卓にどんなハプニングがおこるのか…ちょっと楽しみな私です。スミマセン。
Posted by 優・寛の母さん at 2014年09月20日 16:49
ホロッときてしまいました。
感激しました・・・・・・・・
私来月で72歳になります。
小暮さんの人となりを感じました。
Posted by 気まぐれ爺さんの日記 at 2014年09月21日 07:04
マヤさんへ

ありがとうございます。
まったく、そのとおりですね。
元気で、長生きしてくれて、ありがたいことです。


優・寛の母さん

いえいえ、大したハプニングは起こりませんでしたよ。
ただ、何回言っても、「へー、今日は俺の誕生日なんだ」 を繰り返すので、そのたびに 「おめでとう」 を言わなくてはなりません。
正直、疲れました!


気まぐれ爺さんの日記さんへ

いつも、ご愛読くださり、ありがとうございます。
なぜ、親は長生きするのか?
それは子に親孝行をさせるため、なんですってね。
「まだまだ孝行が足りない」 と言われているような日々です。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年09月21日 14:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
卒寿の晩餐
    コメント(4)