温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年09月21日

紅雲愚連隊


 ♪ぼ、ぼ、ぼくらは 紅雲愚連隊
   勇気りんりん るりの色♪


 昨晩、オヤジの卒寿を祝う乾杯をし、両親を寝かし付けた後、僕はこっそりと実家を抜け出しました。
 バッグには、日本酒のビンを忍ばせて・・・

 目指すは、秘密のアジトです。

 アジトとは?
 実家と同じ町内にある、旧友の家。
 小学校から遊んでいるK君のアトリエです。
 そう、K君は画家なんです。

 「よっ、日本酒を持ってきたぞ!」
 「おお、サンキュー! とりあえずSが来るまで、ここでやってましょう」
 と、さすがK君。
 中庭のテーブルの上に、クーラーボックスから缶ビールを2本取り出しました。

 S君とは、同じ町内に実家がある同級生です。
 職業はカメラマン。
 ちなみに、僕らが生まれ育った町とは、前橋市の紅雲町(こううんちょう) です。
 「べにぐも」 ではありませんよ。

 S君が来て、メンバーが全員揃いました。

 「われら、紅雲愚連隊! カンパ~イ!」
 と、あれから50年近く経った今でも、僕ら悪ガキは集まって、夜遊びを繰り返しているのです。


 「やっぱ俺たち3人は、浮いてたな」
 とK君が、今年の6月に開催された中学校の同窓会話を始めました。
 「そりゃ、そーでしょう。みなさん、ちゃーんと立派な職業に就いておられましたからね」
 と僕。

 画家とカメラマンとライター、ですもの。
 よりによって、紅雲町に住んでいた幼なじみ3人が、仲良くアウトローの人生を歩んでしまいました。

 「しっかしさ、俺たちって、いっつも金がなくて、貧乏だな」
 「だな、自慢じゃないけど、俺、貯金ないし」
 「なに言ってんだい、俺なんて、貯金はもちろんないが、借金ならあるぞ」

 ついに、いつもの貧乏自慢が始まりました。
 この日だって、飲み屋に行く金がなくて、全員持ち寄りで飲むことになったのです。


 さすがに、屋外は夜になると冷えます。
 河岸をアトリエの中に替えて、焼酎、ウイスキー、日本酒と、思い思いの好きな酒を飲みながら、密談は続きます。

 「ジュンの最初の本は、俺が作ったんだよな」
 そうなんです。17年前、K君がプロデュースして 『上毛カルテ』(上毛新聞社) というエッセイを出版したのでした。
 今は、S君が僕の温泉本の表紙やグラビアの写真を撮ってくれています。

 本のこと、絵のこと、写真のこと・・・
 昔と変わらず悪ガキたちは、大人になっても夢を食べて生きているのです。


 「そうだ、ジュン。また、あの島へ行こう!」
 「行こう行こう! 今度はSも一緒に行こうよ」
 「みんなで、夕陽を見ながら海で酒を飲もう!」

 気が付けば、すでに午前様であります。

 死ぬまで、こうやって3人で仲良く夢を見て暮らしていこうな。
 頼むぜ、紅雲愚連隊の同志たちよ!
  

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 それぞれの出発(たびだち) (2017-11-09 12:09)
 幻に始まり、幻に終わる。 (2017-10-09 15:59)
 月に酔う 酒に跳ぶ (2017-10-05 19:00)
 赤兎馬に酔う夢のつづき (2017-09-17 23:01)
 七夕の夜風を切って救急車 (2017-07-09 17:30)
 なぜにあなたはHへ行くの? (2017-06-29 14:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
紅雲愚連隊
    コメント(0)