温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年09月24日

幡谷温泉 「ささの湯」②


 温泉とは、見かけによらぬものである。

 最初に、幡谷(はたや)温泉の一軒宿、「ささの湯」 を訪ねたとき、つくづく、そう思ったものでした。

 群馬県利根郡片品村幡谷。
 四方を山々に囲まれた深山幽谷の地。
 赤い瓦屋根を乗せた民家のようなたたずまい。
 看板さえ出ていなければ、こんなところに温泉が湧いているなんて、誰が想像できるでしょうか。


 先週、片品村の取材の折に、「ささの湯」 に立ち寄ってきました。
 理由は、露天風呂の撮影です。

 実は僕、半年前に、本の取材で同湯を訪ねています。
 が、そのときの季節は、冬!
 露天風呂は、閉鎖されていました。

 う~ん、この、湯を中心に考えた経営方針って、好きなんですね。
 そもそも僕は内風呂派です。
 露天風呂は、湯の鮮度のことを考えると、湯守(ゆもり)の精神にそぐわない無用の長物なのであります。

 露天風呂とは、源泉の温度が高くて、湧出量が豊富な温泉にだけに与えられた “特別な浴槽” なのですから。
 だから、冬期閉鎖をかたくなに守っている同湯は、湯守の精神にのっとっている温泉宿といえるのです。


 いやいや、それにしても、相変わらず、すごい湯の量でした。
 毎分260リットルの自家源泉から送り込まれる湯量は、ハンパじゃありません!
 だって、L字型した浴槽の縁全体から、ザバーザバーと、まるでナイアガラの滝のように湯があふれ出ています。
 (観光的には、東洋のナイアガラと称される “「吹割の滝」 のよう” と言うべきでしょうか)

 「お見事!」
 思わず、感嘆の声を上げてしまいました。

 温泉は見かけによらぬもの、ですな。


 ※露天風呂の営業期間は、4月から11月までです。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
幡谷温泉 「ささの湯」②
    コメント(0)