温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年09月28日

大胡温泉 「三山の湯 旅館 三山センター」⑦


 「小暮さんはさ、うちに来るとき、いっつもニコニコしながら入ってくるよね。なんだかさ、息子があたしに会いに帰って来たみたいで、うれしいよ」
 なーんて、女将の中上ハツヱさんは、満面の笑みで僕を迎えてくれるのです。

 僕と女将さんは、もう10年以上の付き合いになります。
 最初の出会いは、ぷらりと立ち寄り、客として湯をいただきました。
 そのとき長い立ち話をして、「だったら今度、取材させてください」 ということになり、その後、雑誌や新聞、さらに2冊の著書でも取材に訪れています。

 プライベートも含めたら、もう何十回と訪ねていると思います。


 「そうですよ、僕は女将さんの息子みたいなもんじゃないですか!」
 「そうだよね。あの地震のとき、一緒に逃げたんだものね。家族と同じよね」

 大胡温泉ファンには、つとに有名な話ですが、そうなんです。
 2011年3月11日の東日本大震災の日、僕は、ちょうど大胡温泉にいたのです。
 ※(震災と大胡温泉については、当ブログの2011年3月12日 「大胡温泉ふたたび」、2012年3月11日 「あれから1年 大胡温泉」、2013年3月11日 「あの日あの時、大胡温泉」、2014年3月11日 「3.11 そして大胡温泉へ」 参照)


 で、昨日は、久しぶりに大胡温泉(前橋市) に泊まってきました。
 でも、取材じゃないんです。だからといって、プライベートでもありません。
 実は、僕が所属するクリエイティブ集団 「プロジェクトK」 の年に1度の総会日だったのです。

 プロジェクトKとは、群馬を中心に全国で活動するカメラマンやライター、イラストレーター、デザイナーなど、フリーランスで活動をする個人の集まりです。
 今年の9月で、発足9年目を迎えました。
 僕は、副代表を務めています。

 ま、総会といっても結局、のん兵衛の集まりですからね。
 真面目な会議はそこそこに、すぐに宴会が始まるわけです。

 会員20名のうち、昨晩は14名が出席。
 一番遠い人は、鹿児島県から飛行機に乗ってやってきました。


 「小暮さんのお仲間だもの。うーんとサービスするよ」
 だなん女将さんたら、張り切って、奮発して、ビールも日本酒もワインも、ジャンジャン出してくれました。

 料理だって、息子で2代目主人の富男さんが、腕によりをかけた品々が、テーブル狭しと並びます。


 いい酒、いい宿、いい仲間たち!
 飲んで、語って、笑って、夜中まで、ドンチャン騒ぎは続きました。

 女将さん、ご主人、そしてスタッフのみなさん、大変お世話になりました。
 今朝はメンバー全員、大満足で帰って行きましたよ。

 ありがとうございました。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 片品温泉 「湯元 千代田館」② (2017-10-25 10:54)
 下仁田温泉 「清流荘」⑨ (2017-10-21 11:47)
 法師温泉 「長寿館」⑧ (2017-10-19 14:22)
 伊香保温泉 「よろこびの宿  しん喜」② (2017-10-01 17:27)
 塩原元湯温泉 「大出館」 (2017-09-27 14:16)
 下仁田温泉 「清流荘」⑧ (2017-09-21 19:30)

この記事へのコメント
大胡温泉最近行って無いなぁ〜

先日 つま恋温泉には宿泊して来ましたが とり鉄の人が多い宿ですね

そう言えば
東京の。 sakura-2005.com/archives/4520
化石水ポンプアップしてるのに 泉質が変わった様子

噴火の影響か?
Posted by momotaka at 2014年09月30日 10:43
momotakaさんへ

噴火の影響?
今後、全国の温泉地で変化が現れるかもしれませんね。
大きな地震の後ですから、地下では何が起こっているか分かりません。
県内各地の源泉温度の変化をチェック中です。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年10月01日 10:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大胡温泉 「三山の湯 旅館 三山センター」⑦
    コメント(2)