温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年10月06日

東小川温泉 「おおくら荘」


 通称、「とうもろこし街道」。
 群馬県片品村の中心地、鎌田から日光へ向かう国道120号沿いに、街道唯一の温泉民宿があります。
 東小川温泉の一軒宿、「おおくら荘」 です。

 宿の前を通るたび、いつもいつも気になっていました。
 だって、看板には温泉名と宿名の間に、“源泉” の文字が書かれているからです。

 一軒宿の温泉宿ですから、当然、源泉は保有しているわけです。
 でもね、僕が知る限り、「源泉」 を看板に掲げている宿は、そんなにはありません。
 とにかく、気になるわけです。

 と、いうことで、2代目女将の矢内洋子さんに、話を聞いてきました。


 まず、温泉名。
 「東小川」 というのは、鎌田から県境までの国道沿いの広域地名でした。
 だから、国道沿いにある白根温泉も座禅温泉も丸沼温泉も、みーんな地名は東小川なんですね。
 そのなかで、ここ 「おおくら荘」 だけが、東小川温泉を名乗っています(ちょっと不思議です)。

 次は、宿名です。
 てっきり、経営者の名前だと思っていました。

 「私の旧姓は、倉田です。東小川で生まれ育ちました。両親が民宿を始めたのは丸沼高原スキー場がオープンした昭和49年。当時は、ここより、もう少し日光よりの “大沢” という地区で営業をしていました。大沢の倉田だから “おおくら” です」
 とは、話を聞いて納得!

 「と、いうことは、温泉はその後、掘ったのですか?」
 と問えば、
 「ここ “宮の下” に移転したのは、平成元年です。この地区には、昔から温泉が湧いていたんです。それを父が買い取りました」

 なるほど、それで温泉分析書に書かれている源泉名は、「東小川温泉 宮の下源泉」 と表記されていたのですね。
 看板に “源泉” と書かれているのも、「昔から湧いている古い温泉なんだぞ」 という先代のこだわりだったのかもしれません。


 その自慢の源泉は、pH9.0のアルカリ性単純温泉。
 ただし源泉の温度が約28℃と低いため、加温はされています。

 特筆すべきは、浴槽の大きさ。
 今までに、いくつも民宿やペンションの温泉に入ってきましたが、ダントツに広い!
 優に10人は入れる大きさです。

 両手両足を思いっきり伸ばしながら、大の字になって湯を浴(あ)んできました。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
東小川温泉 「おおくら荘」
    コメント(0)