温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年10月09日

座禅温泉 「白根山荘」


 丸沼高原(群馬県片品村) には、2軒の温泉宿があります。
 「シャレー丸沼」 と 「白根山荘」です。

 僕は10年以上前から、座禅温泉は取材しています。
 著書でも2回、その他、雑誌や新聞にもたびたび記事を書いていますし、講師を務める野外温泉講座でも訪ねています。
 でも、すべて 「シャレー丸沼」 でした。

 なーんでか?
 やっぱ、昭和49(1974)年に開設された丸沼高原スキー場と同時創業した老舗宿ですからね。
 規模も、設備も大きいし、歴史もあるわけです。
 ※(詳しくは、当ブログの2013年11月1日「座禅温泉 シャレー丸沼」 を参照)


 「お久しぶりです。今日は、白根山荘のほうに部屋をとっておきました」
 昨日、「シャレー丸沼」 を訪ねると、支配人の横坂治良さんが出迎えてくださいました。
 2つの宿は、経営が一緒なんです。

 「楽しみにしていました。お湯は、あちらも同じ源泉ですよね?」
 と問えば、
 「ええ、敷地内の入浴施設は同じ源泉です」
 とのこと。
 高原には、ロープウェイの駅があるセンターハウス内にも日帰り温泉施設があります。


 とりあえず、まだ日が高いので、全長2,400メートル、標高差600メートルを誇るロープウェイに乗って、標高2,000メートルの日光白根山の山頂駅まで、ひとっ飛び~!
 山頂広場は、もう、登山客でいっぱいです。
 さすが、関東以北最高峰(2,578m) の 「日本百名山」 だけあって、人気です。
 紅葉も始まり、みなさん、駅前で “天空の足湯” を楽しんでいました。

 どうせなら、足湯より、しっかり肩まで湯に浸かりたいものです。
 そう思ったら、もう、居ても立ってもいられません。
 早々に、帰りのロープウェイに乗って、下山してしまいました。


 「白根山荘」 は、丸沼高原のゲレンデから国道を渡った森の中にあります。
 「シャレー丸沼」 とは、景色が一変!
 なんだか、軽井沢のような高原リゾート地に来ているみたいです。

 「ここはシャレーに比べると、“3ナイ” の宿なんですよ」
 と、サービス担当者の儘田靖夫さん。
 3ナイとは、“ゲレンデから遠い(近くない)” “露天風呂がない” “広い部屋がない” のこととか。

 いいんじゃないですか!
 その代わり、シングルユース大歓迎の宿なんですもの!

 一人旅の客って、けっこう気をつかうんですよね。客も宿側も。
 でも、ここは1人でも、平日の料金は2名以上と変わらず掲示料金のままです。
 (休日前は、1,000円増になります)

 「そのぶん、料金は安い。でも料理のレベルは落とさない。一人旅のお客さんを飽きさせない家庭的なサービスで、おもてなしています」
 だなんて、ますます気に入りました。
 だって近年は、シニア世代や若い女性の一人旅って、増えていますものね。

 こうゆうタイプの温泉宿が、もっともっと増えるといいですね。


 湯は、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩温泉。
 肌によくまとわりつく、やさしい浴感のある湯であります。

 湯上がりは、食堂で冷酒をいただきながら、暮れなずむ高原の紅葉を眺めていました。
 僕と同行したカメラマン氏以外は、すべて登山客です。
 ほんとうに、シングルユースの人が多い!
 あちらからも、こちらからも、楽しそうな山談義が聞こえてきました。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
座禅温泉 「白根山荘」
    コメント(0)