温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年10月11日

丸沼温泉 「環湖荘」③


 湖 煎 好 山 洞
 雲 迎 佳 客 来


 座禅温泉(群馬県片品村) に泊まった翌日、栃木県との県境まで足を延ばして、丸沼温泉の一軒宿 「環湖荘(かんこそう)」 に寄ってきました。
 冒頭の漢詩は、旅館の玄関に彫られています。

 「“湖は好山を潤して広し、雲は佳客を迎え来る” と読みます」
 そう教えてくれたのは、支配人の井上勝さんです。
 井上さんとは、もうかれこれ10年近い付き合いになります。

 雑誌や著書の取材、または野外温泉講座でも訪れています。
 もちろん、玄関に大きな文字で漢詩が書かれていることは知っていました。
 でも、なんでなんでしょうかね。
 今まで、一度も 「どういう意味なんだろう?」 と考えたことがありませんでした。

 「とっても古い物なんですよ。昭和8(1933)年の創業当時、すでにこの彫刻はオーナーのコレクションとしてあり、この彫刻に合わせて玄関を設計したと聞いていますから」
 とは、なんて素晴らしい!
 それほどに価値のある彫刻なんですね。

 と、いうことで作者を教えてもらいビックリ!
 書は、書家の松本芳翠。
 彫刻は、てん刻家の中村蘭台。

 もちろん、名前を聞いただけでは、僕は分かりませんが、帰宅後に調べたところ、どちらも、とんでもない巨匠ではありませんか!
 「たぶん、今では、値がつけられないほど高価で稀少なものだと思いますよ」
 と言った支配人の言葉を、いまさらながらに噛みしめているのであります。


 知っているつもりで、知らない温泉。
 何度訪ねても、知り尽くすことなんてないんですね。

 ん~、と感慨無量のため息をつきながら、丸沼の湖水のように澄んだ湯に浸かってきました。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
丸沼温泉 「環湖荘」③
    コメント(0)