温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年10月12日

鎮守の杜まで


 ♪村の鎮守の神様の
   今日はめでたい御祭日
   ドンドンヒャララ ドンヒャララ
   ドンドンヒャララ ドンヒャララ
   朝から聞こえる笛太鼓♪


 昨日と今日は年に1度の 「前橋まつり」 の日。
 我が家の子どもたちが小さかった頃には、家族総出で街中まで出かけたものでした。

 でも、もう、みんな大きくなっちゃって、「お祭に行こう!」 なんて言う子は1人もいません。
 さみしいものです。


 あっ、そうだ!
 僕には、散歩好きの年寄りがいるではないか!
 オヤジを連れ出してやろう!

 と、いうことになり、今日は午前中から旧市街にある実家に向かったのであります。

 ドンドンヒャララ ドンヒャララ
 ドンドンヒャララ ドンヒャララ

 どこからともなく、祭ばやしが聴こえてきます。
 旧市街が近くになるにつれ、1台、また1台と山車が現れました。
 午前のパレードを終えて、三々五々と各町の山車が帰ってくるところです。


 「ジュン、いいところに来たよ。オヤジとオフクロを “人丸様” まで連れてってくれないか?」
 実家に着くとアニキが、いの一番に駆け寄ってきて言いました。
 人丸様とは、氏神様が祀られている神社です。
 なんでも、町内の老人たちが集まって、酒盛りをしているとのこと。

 「○○さんが、せっかく迎えに来たのに、オフクロったらさ、足が痛いのなんのって、おっくうがって動かないんだよ。頼む、連れてってくれ」
 と、懇願するアニキ。
 一方、ボケ老人のオヤジは、行く気満々です。
 「早く、散歩へ行こう!」
 と、すでに帽子をかぶり、杖を持って、庭先に立っています。

 「ジュンが連れてってくれるなら、たまには行ってみようかね」
 と、やっとこさっとこオフクロが、重い腰を上げました。


 僕が先頭に立ち、その後を杖を突くオヤジ、カート(手押し車) を押すオフクロが続きます。
 オヤジは90歳、オフクロは87歳。
 五体満足とはいえませんが、スクスクと老いながら、平々凡々と暮らしています。

 「あーら、小暮さん、来てくれたの~!」
 と、拍手で迎えられた2人。
 鎮守の杜の境内には、テントが張られ、すでにお年寄りたちが集まっていました。

 「息子がね、連れてきてくれたのよ。そうじゃなけりゃ、私は1人で出歩けないの」
 と、オフクロも久々に町内の元婦人部の仲間と会えて、うれしそうです。

 オヤジは?と見れば、すでにテーブルについて、目の前の赤飯をパクついているではありませんか。


 ドンドンヒャララ ドンヒャララ
 ドンドンヒャララ ドンヒャララ

 いつの間にか山車が戻ってきて、子どもたちが年寄りのためにお囃子を披露しています。

 僕はひとり、鳥居をくぐり、本殿へ。
 賽銭を入れ、鈴を鳴らして、二礼ニ拍手一礼。


 どうか、一日でも長く、この幸せが続きますように・・・

 そう願わずにはいられませんでした。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

この記事へのコメント
親孝行したい時に親はなしって事にならない様に自分も大事にしなきゃと思うんですがなかなか実行出来ません。

今日は、太田の高山彦九郎記念館に行って来ました。

この人がいなければ明治維新が成立していないと思いました。
Posted by 桜井 at 2014年10月12日 22:05
桜井さんへ

記念館へは、まだ行ったことがありませんが、現在、老神温泉を取材中なので文献を調べています。
彦九郎は、天明5年(1785) に老神温泉を訪れています。このとき39歳。故郷の細谷村(太田市) から往復6日間の小旅行をし、その時に立ち寄っています。
この旅の模様は 『北上旅中日記』 につづられています。
※(北上とは、北上州のこと)

“赤き岩続き、片品川流る、水辺に温泉あり赤城の湯と号す予も入りける”
この 「赤城の湯」 とあるのが、老神温泉です。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年10月13日 11:28
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
鎮守の杜まで
    コメント(2)