温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年10月16日

白根温泉 「加羅倉館」⑤


 “秘湯は人なり”


 先週、座禅温泉(群馬県片品村) へ行った行きと帰りに、立ち寄った温泉があります。
 同じく片品村にある白根温泉の一軒宿 「加羅倉館(からくらかん)」 です。

 加羅倉館の5代目湯守(管理人)の入澤眞一さん、澄子さん夫妻とは、もう10年以上の付き合いになります。
 雑誌や新聞の取材、僕が講師を務める野外温泉講座など、たびたびお世話になっています。
 だもの、宿の前を通過することなんて、できません!


 「あれ、今日は、なんだい?」
 行きに顔を出すと、眞一さんが出てきました。
 「これこれ、しかじか、取材で座禅へ行くところなんですよ」
 と言えば、
 「じぁあ、うちも入っていきなよ」
 と、いつものように気軽に湯を勧めてくれました。

 ま、この時は先方と約束の時間があり、先を急いでいたので、あいさつだけでおいとましました。

 翌日、帰り道。
 「こんにちわ~!」
 と玄関で声をかけると、今度は、
 「あら、お久しぶりですね」
 と澄子さんが、現れました。
 「昨日、ご主人に勧められたものだから寄りました。湯をいただいても、いいですか?」
 と言えば、
 「どうぞ、どうぞ」
 と、いうことになり、さっそく川と国道をはさんだ向かいの浴場へ。


 ん~、相変わらず凄い量で、ドバドバと湯が注がれ、ザバザバと浴槽の縁から気持ちがいいほどに、かけ流されています。
 湯は、ごまかしのきかない無色透明の単純温泉。
 けれん味のない、生一本の直球勝負の湯であります。

 ツーンと骨の髄までしみ入るような浴感は、この日も健在でした。


 いい湯、いい宿には、必ず会いたくなる人がいるものです。

 おじちゃん、おばちゃん、いつもありがとうございます。
 今度は、ゆっくり泊まりに行きますね!


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
白根温泉 「加羅倉館」⑤
    コメント(0)