温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年10月18日

お隣さんとお向かいさん


 「おはようございます。今日はジュンちゃんなのね」
 と、ブロック塀越しに隣の家の娘さんが声をかけてきました。
 娘さんといっても、60歳を過ぎています。

 「ええ、昨日から泊り込んでいます」
 と、あいさつから立ち話に・・・

 お隣さんちには年寄りはいませんが、嫁ぎ先には90歳を超える義母がいるとのこと。
 「小暮さんちはさ、2人だから大変よね」
 「でも、アニキと交替で看ていますから」
 なんて会話をしたのでした。


 しばらしくて、お向かいの娘さんが出てきて、家の前の掃除を始めました。
 娘さんといっても、60歳を過ぎています。
 「おはようございます。お兄さんは東京にお帰りですか?」
 「ええ、今週は僕の当番なんです」

 アニキは家族が東京にいるのです。
 「エライわね。親孝行だこと」
 なんていうお向かいさんちには、100歳になる実母がいて、娘さんが看ているのです。
 「誰もが通る道ですから。これだけは仕方ありませんよ」
 と、またまた立ち話が始まってしまいました。


 お隣さんもお向かいさんも、僕が子どもの頃に大変世話になった近所の “おねえさん” です。
 確か、お隣さんは僕より10歳年上で、お向かいさんは7歳上でアニキの同級生です。
 みんな、この町が好きで、戻ってきているんですね。

 僕の実家は、前橋市の旧市街地にあります。
 町内は過疎化が進んで、空き地や駐車場ばかりです。
 若い人たちは、結婚を機に郊外へ出て行きました。

 「この町は年金を払う人より、もらう人たちばかりですよ」
 と、ぼやいたのは町内の郵便局員でした。


 「お金があれば施設に入るんだけどね。年金しかないからね」
 と、足の不自由なオフクロが、済まなそうに言います。
 「いいって、気にするなって。オレもアニキも仕事の息抜きに来ているんだからさ」
 なんて見え見えのウソを言う僕。

 でも、実際は、どっちが幸せな人生なんでしょうかね?
 至れり尽くせりの施設で死ぬまで過ごすのと、息子に怒鳴られながら暮らすのと……。


 先日、アニキにしかられたオヤジが吐いた言葉。
 「もういい、生きていたくない。屋上から飛び降りて死んでやる!」
 ですって。

 おいおい、じいさん、そんなことされたらオレとアニキは世間からなんて言われると思うんだよ。
 その歳まで生きてきたんだもの、最後くらい息子たちに愛される父親として、一生を終わりましょうよ。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 すべて転じて福となせ! (2018-12-15 17:39)
 不便と不自由の選択 (2018-12-10 12:08)
 ガンバレ! 人生百年 (2018-11-26 13:34)
 あめ玉とえびせん (2018-11-13 12:17)
 逃げろ!子どもたち!!④ いじめの呪縛 (2018-11-10 12:07)
 遺伝子のゆくえ② (2018-10-30 23:01)

この記事へのコメント
うちの姑も、「もう、死にたい」っと朝食時にワタシに吐きました。
87歳です。

このお年頃の方は、、、そうなんですね。
どうぞ、とも言いずらい話題で困ります。
Posted by ぴー at 2014年10月19日 14:16
ぴーさんへ

うちのオフクロと同い年ですね。
オフクロは 「死にたい」 とは言わないのですが、「デイサービスに行きたくない」 と、幼稚園児のようにダダをこねます。

つくづく、老人の介護は子育てより難しいと実感している今日この頃です。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年10月19日 19:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
お隣さんとお向かいさん
    コメント(2)