温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年10月23日

死ぬまで騙す


 前橋駅、午前7時45分。

 僕は朝イチで行われる高崎での会議に出席するため、電車を待っていました。
 平日の昼間なら閑散としているローカル線のホームですが、ちょうど通勤、通学のピーク時間。
 サラリーマンと学生たちの群れの中で、ジッと本を読みながら待っていました。

 コツ、コツ、コツ・・・
 近付いてくる足音。
 そして、その音は、僕の真ん前で止まりました。

 「おはよう!」
 ビックリして文庫本から目を上げると、そこに立っていたのは、絵本作家のN先生でした。

 「あ、あ、おほようございます。こんなところで会うなんて……。東京ですか?」
 「そう、出版社で打ち合わせ」

 N先生は、絵本作家であり、木彫家であり、木版画家でもあります。
 僕が30年前に東京から夢敗れて都落ちした際に、新たな生き方ほ指南してくださった “人生の師” でもあります。

 「相変わらず、忙しそうですね」
 「忙しいだけだよ。金にはならない」
 とN先生。

 「やっと個展が終わったと思ったのにね。忙しいだけだ」
 「ご苦労様でした。絵は売れましたか?」
 と僕。
 「まったく売れない」


 2人は人波に押され、電車の中へ。

 「ジュンちゃんこそ、珍しいじゃないか。こんな時間に電車に乗るなんて?」
 「ええ、カクカク、シカジカでして」
 と言えば、
 「相変わらず、忙しそうだね?」
 と返された。
 「いや、一銭にもならない仕事です」
 と僕。
 そして2人して、笑った。

 「大丈夫、いつか報われる時が来るさ」
 「はあ……。本当に報われる日は来るのでしょうか? 報われる前に死んじゃったりして」
 と、自嘲気味に僕。
 するとN先生は、こんな風に言ってくださったのです。

 「それで、いいじゃん。死ぬまで自分を 騙(だま) し続ければ」

 「死ぬまでですか?」
 「そう、死ぬまで。他人(ひと) を騙して生きるより、自分を騙して生きているほうが、よっぽどいい」


 高崎駅改札口。
 N先生は、新幹線ホームへ。
 僕は西口エントランスへ。

 昨日から降り続いていた雨は、もう止んでいました。


 「よし、今日も一日、自分を騙してやるか!」
 と、大きく深呼吸。
 雨上がりの街を歩き出しました。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
死ぬまで騙す
    コメント(0)