温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年10月28日

猿ヶ京温泉 「長生館」②


 今日は月に一度の野外温泉講座日でした。

 僕は6年前から、NHK文化センター前橋教室にて、県内外の名湯・秘湯をめぐる講座の講師をしています。
 偶数月の今月は、群馬県内の温泉です。
 久しぶりに、猿ヶ京温泉(みなかみ町) へ行って来ました。

 この講座で猿ヶ京温泉を訪ねるのは、2回目です。
 前回は猿ヶ京ホテル、そして今回は長生館にお世話になりました。
 ともに昭和33(1958)年にダム湖に沈んだ湯島温泉から移転してきた “旧四軒” と呼ばれる老舗旅館です。
 ※(旧四軒と猿ヶ京温泉の歴史については、当ブログの2012年3月7日 「猿ヶ京温泉 長生館」 を参照)


 高崎駅前と前橋駅前から出発したバスは、関越自動車道を北へと向かいました。

 今回、新しく入会したSさんご夫婦がいました。
 なんでも僕の読者とのことで、著書はすべて持っていて、新聞の連載も毎週読んでいるとのこと。
 あいさつをすると、“生小暮” が見られたと、大変喜んでくださいました。

 さすが、僕の読者であります。とにかく温泉に詳しい!
 特にご主人は熱心で、僕の著書 『群馬の源泉一軒宿』(2009年刊) と 改訂版の 『新 群馬の源泉一軒宿』(2014年刊) に掲載されている温泉宿を1軒1軒比べて、「文章の表現の変化を読み解いている」 とのこと。
 うれしいような、恥ずかしいような……。恐るべし、読者!

 しかもSさんは、読者でありながら、今日からは受講生です。
 「先生の生のレクチャーを受けに来ました」 と意欲満々。
 バスの中でも、昼食中も、質問攻めにあいました。

 でも、ちっとも悪い気はしませんでしたよ。
 いえいえ、著者冥利、講師冥利に尽きる光栄なことであります。
 だから僕も、いつもより張り切って講義をしてしまいました。


 長生館の自慢は、2つ!
 谷川連山と赤谷川の渓谷を望む絶景と、名物の 「野天風呂」 です。

 池と見間違うほどの野趣あふれる大きな露天風呂が、完全かけ流し!それも、熱い!
 この大きさを加温なし、循環なしで保てるのは、猿ヶ京温泉の中でも湯元である長生館だけです。
 毎分ドラム缶3本分という湯量と、約56度という熱い源泉が湧いているからこそできる技であります。

 「いや~、先生。俺は今までで一番、ここの露天風呂が気に入ったよ」
 と、受講歴3年のNさん。
 「湯の中から紅葉と雪景色が一緒に見られるなんて、素晴らしい眺めですね」
 と、2年目のTさん。
 みなさん、口々に感嘆の言葉を発していました。

 これまた講師冥利に尽きる、うれしいことであります。

 これからも、いい温泉をたくさん紹介していきますよ!
 受講生のみなさん、末永くよろしくお願いしますね。


 「では、乾杯!」
 いつものように受講生たちと、湯上がりのビールを飲み交わしたのでありました。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

この記事へのコメント
小倉様

しばらく前に赤石さんと一緒にお目にかかりました、株式会社フェアマインドの反保です。その節はお世話様になりました。
【FAAVO群馬】も立ち上がり現在4件のファンドを進めております。

話は変わりますが、先日NHKの番組で猿ヶ京には豊かな民話の伝承があることを知りました。岩手の遠野ほど著名ではないですが、これは猿ヶ京の貴重な観光資源だと思いました。

小倉さんのご協力をいただき、猿ヶ京の民話の保存・普及・適切な観光資源化などをテーマに【FAAVO】で取り組んでみたいと思いました。

こんなことは、見当はずれでしょうか?
Posted by 反保敏彦 at 2014年11月07日 11:09
反保敏彦さんへ

その節は、お世話になりました。
おかげさまで、いよいよNPOの活動も始まりました。
猿ヶ京の件も含め、お会いしてお話ができればと思います。
また、よろしくお願いいたします。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年11月07日 18:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
猿ヶ京温泉 「長生館」②
    コメント(2)