温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年10月31日

ボビーは死んでいた


 前橋市内の某ホテルにて、某新聞社主催による祝賀会があり、出席してきました。
 パーティーが終わったのは、午後6時半。
 このまま帰るには、あまりにも早過ぎます。
 正直に言えば、まだ飲み足りません。

 と、いうことで、北風吹きすさぶ中、テクテクと夜の街を歩き出しました。
 目指すは、我らのたまり場、酒処 『H』 。
 かれこれ、半年近く行ってませんでした。
 そろそろ顔を出さないと、ママも常連客も、僕のことを忘れてしまう恐れがあります。


 「あーーーーっら!」
 店のドアを開けると、驚きの声を上げるママ。
 「ご無沙汰しています。(1人だけど) いい?」
 ニコッと笑って、コックリとうなづくママ。
 そして、すでに4人いる客の、真ん中の席を指差しました。

 「本当に、やせたわね。テレビで見て、ビックリしたのよ」
 「ええ、7キロやせました」
 といっても病気をしたわけでも、ダイエットしたわけでもありませんよ。
 ※(なぜ、やせたかについては、当ブログの2014年9月12日 「逆鱗の功名」 を参照)


 やっぱり、いつ来ても、ここの空間は落ち着くのであります。
 ママの人柄と料理の味が一番の魅力ですが、二番目は常連客の質の良さでしょうかね。
 この日も、画廊経営のBさんや、ママから僕が来ているというメールを受け、すっ飛んできた後輩のS君と、気の置けない話と酒に酔いしれたのであります。

 しばらくすると、カウンターの隅に、見かけない顔をありました。
 僕だけが知らないのかと思ったら、S君も知らないようです。
 聞けば、以前、常連に連れられて一度来たことがあり、今回、「勇気を出して、1人で寄ってみた」 のだと言います。
 確かに 『H』 は、一見はもちろん、1人ではなかなか入りづらい店かもしれませんね。

 でも2度目なら、彼も今日からは常連の仲間入りです。
 「カンパーイ!」 と早くも、お近づきが始まりました。

 話してみたら、彼は僕と同い年、同じ学年でした。
 しかも、前橋市内の出身。
 「オレは一中だけど、どこ?」
 と僕が問えば、
 「○中です」

 「○中か…、○中には、ボビーっていうヤツがいたよな…」
 と、ボソリとつぶやいた時です。
 「えーーーーっ、ボビーを知っているんですか!」
 と大袈裟に驚く彼。

 「彼とは小学校から一緒で、中学に行ったら私と同じ野球部に入るわけだったんですよ」
 なのに、なぜかボビーは卓球部でした。
 僕とは、市内大会の新人戦、準決勝で対戦して、僕が負けたんです。

 たった、それだけのことなのに、なぜか、「ボビー」 という名前を覚えていました。
 たぶん、ニックネームだと思います。
 本名は覚えていません。顔も覚えていません。

 「そうそう、ボビーは、いきなり新人戦で優勝したんですよね。驚いたな」

 本当は、なんていう名前なのか、今は何をしているのか、別に興味もなかったので、その話題はそのままにしておきました。
 すると彼は、
 「ボビー、死んだんですよ」
 と、ポツリ。

 「そう、いつ?」
 「18歳のとき。榛名山で事故って」

 ボビーは、死んでいました。
 それも38年も前に・・・。


 知らない人です。
 なんの感傷もありません。
 でも、なぜだか記憶の奥のほうで、おぼろげに小さい体でラケットを振り回している姿がちらつくのであります。

 「ごちそうさま」
 午前1時、北風の夜の街を歩き出しました。

 ♪ボビー、ボビー、あんたの時代は良かった♪

 知らずのうちに、そんな替え歌を口ずさんでいました。


同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 ブリっと、シャブっちゃいました! (2017-11-30 11:58)
 一周年を祝う (2017-11-27 13:42)
 それぞれの出発(たびだち) (2017-11-09 12:09)
 幻に始まり、幻に終わる。 (2017-10-09 15:59)
 月に酔う 酒に跳ぶ (2017-10-05 19:00)
 赤兎馬に酔う夢のつづき (2017-09-17 23:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ボビーは死んでいた
    コメント(0)