温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年11月03日

温川温泉 「目の湯」


 「温川(ぬるがわ)温泉の一軒宿、白雲荘が閉まっている!?」 という情報が入ってきたのは、夏前でした。
 えっ、だって、今年の4月に出版した 『新ぐんまの源泉一軒宿』(上毛新聞社) に掲載したばかりなのに~!
 と、激震と動揺が体の中を駆け抜けたのでした。

 すぐにオーナーに電話をして確認すると、
 「経営を任せていた女将が病気で倒れたため休業中」 とのことでした。
 そして、「再開のめどは立っていないが、露天風呂だけは日帰り入浴ができます」 と。

 少しホッとしましたが、自分の目で確認して詳しい話を聞くまでは、心配でなりません。
 と、いうことで、今日は朝から車を東吾妻町まで飛ばして、浅間隠(あさまかくし)温泉郷の1つ、温川温泉を訪ねてきました。


 浅間隠温泉郷とは、薬師温泉と鳩ノ湯温泉と温川温泉の総称です。
 すべて一軒宿ですが、温川温泉の白雲荘は、なかでも一番小さな宿でした。

 湯の歴史は古く、江戸中期には発見されています。
 眼病に効くことから 「目の湯」 と呼ばれ、親しまれてきた湯治場です。


 「小暮さん、済みませんでしたね。せっかく本に載せていただいたのに、こんなことになってしまって」
 と僕を出迎えてくれたオーナーのSさんとKさんの親子。
 新聞や著書の取材で、大変お世話になったお母さんと娘さんです。

 でも、閉鎖している旅館の玄関と、日帰り入浴を受け付けている露天風呂前の店には、しっかり僕の著書ポスターが貼られていました。
 「いえいえ、心配しましたが、事情を聞いて安心しましたよ」
 と、2人の笑顔を見て安堵しました。

 現在、再建に向けて動いているとのことで、安心したら、急に温泉に入りたくなってしまいました。
 「では、湯をもらいます」
 と言うと、
 「旅館のほうの給湯管を止めたら、温泉の色が変わったんですよ」
 ですと!
 なんでも、黄色い湯の花が浮くようになったとのこと。
 これは、ますます楽しみです。

 と、いうことで、1人で浴室へ。
 他に客はいませんから、 “源泉ひとりじめ” 状態です。

 サッシで仕切られている半露天風呂でが、すべて開け放ち完全なる露天風呂にして、いざ、入湯!
 ん~~、熱からずぬるからず、ちょうど良い温度です。
 オーナーのいうように、確かに浮遊物があり、うっすらと湯はカーキ色をしています。
 なんだか、以前より効能がありそうで、いいじゃありませんか!

 湯舟の正面では、真っ赤に染まったモミジの葉がそよぐ風に揺れています。
 深まる秋の景色を眺めながら、極上の湯浴みを楽しんできました。


 白雲荘の再開を楽しみにしています。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
温川温泉 「目の湯」
    コメント(0)