温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年11月05日

老神温泉 「亀鶴旅館」②


 昨日は午後から片品村の花咲(はなさく)温泉に入って取材、夕方から沼田市の老神(おいがみ)温泉に移動して、カメラマンのS君と合流しました。
 来夏に出版予定の本のグラビア撮影です。
 紅葉に映える夕刻の露天風呂や、ライトアップされた渓谷美を撮影しました。

 その後、昨晩は女将さんのご厚意により、老神温泉の 「亀鶴(きかく)旅館」 に泊めていただきました。
 そう! 以前にも書きましたが、タレントの鈴木奈々似のアイドル系美人女将のいる宿です。
 ※(女将については、当ブログの2014年9月1日 「老神温泉 亀鶴旅館」 を参照)


 そして、サプライズは、夕食時に起こりました。

 風呂に入り、浴衣に着替え、僕とS君、そして担当ディレクターのK氏の3人は、料理が並んだテーブルの前に着きました。
 当然、湯上がりは、まず乾杯です。
 「女将さん、ビールをお願いします」
 と、言ったときです。

 「小暮さんの読者という方から、ビールとお酒の差し入れが届いています。今、お持ちしますね」

 「????」
 呆気にとられる2人。
 「えーーーっ、本当だったんだ!」
 と驚愕する僕。

 実は先月、上牧温泉(みなかみ町) で開催されたイベントのフィナーレで、僕が 「温泉考座」 と題して講演をしたのであります。
 そのとき、さる男性聴講者が、
 「来月の4日は、亀鶴旅館にお泊りですよね?」
 と、声をかけてきました。
 僕のスケジュールを知っているだけでも驚きなのに、その男性は、
 「差し入れしますよ。楽しみにしていてください」
 と言ったのです。

 そのことを、僕はすっかり忘れていました。
 いえいえ、まさか本当に差し入れていただけるなんて、思ってもいませんでした。

 さらに女将は、
 「そうそう、小暮さんにお渡しするように、お手紙も預かっているんですよ」
 と、1枚の紙を手渡されました。
 2度、ビックリです。

 その手紙には、取材へのねぎらいの言葉、いつも僕の本を参考にして温泉地をめぐっていること、そして今後も講演やセミナーがあれば聴講したい旨が書かれていました。
 さらに、さらに! S君とK氏の名前までも明記され、 「よろしくお伝えください」 とまで記されていたのです。

 「おおーーっ、うれしいね。それにしてもジュンちゃん、温泉ライター冥利に尽きるねぇ~」
 とS君。
 まったく、そのとおりであります。
 本当に、本当に、ありがたいことです。


 「来年の完成を目指して!」 
 「カンパーイ!」
 僕らは、差し入れに感謝しながら、女将さんの手づくり料理に舌鼓を打ちながら、美酒に酔いしれたのであります。

 Wさん、ありがとうございました。
 Wさんの期待を裏切らないよう、これからも温泉取材を続けていきます。
 本当に、本当に、ありがとうございました。 
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
老神温泉 「亀鶴旅館」②
    コメント(0)