温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年11月16日

通り魔の正体


 先日、酒を飲んでの帰り道。
 一人で、夜道を歩いているときのことでした。

 繁華街を抜け、国道の大きな交差点。
 信号が青に変わり、横断歩道を渡り出したときです。

 「#○×☆△!」

 突然、後方から大声が聞こえました。
 振り返ると、何か叫びながら若い男が、僕を目がけて駆けて来ます。

 ヤバイ! 通り魔かも!

 瞬時に防御心が働き、反射的に僕も駆け出しました。
 でも、その男はどこまでも追いかけて来ます。


 「おとーさ~ん」

 今度は、ハッキリと言葉が聞こえました。
 おとうさん?
 いったい、なんのことだ?
 走るスピードをゆるめたときです。

 「やっぱり、おとうさんじゃないか!」

 振り返ると、そこにいたのは、息子でした。
 僕の正真正銘の実の息子です。

 「あー、ビックリした。なんだよ、おどかすなよ」
 「だって、おとうさんこそ、逃げ出すんだもの」
 「当たり前じゃないか。それよりなんで、お前がここにいるんだ?」
 「バイトの帰りだよ」

 聞けば、国道を車で走行中に、信号待ちをしている僕を見つけたのだといいます。
 それで、車を信号の先に止めて、追いかけて来たとのことでした。

 「家まで、歩いて帰るつもり? 乗っけていくよ」
 とは、我が息子ながら、やさしい言葉である。

 確かに、その場から我が家までは、5キロ以上の距離があります。
 もちろん、酔った千鳥足で歩いて帰ろうなんて、思ってもいません。

 「いや、今日はいいんだ。おばあちゃんちに泊まるから。お母さんも知っている。ありがとうな」
 そう言うと、
 「な~んだ、追いかけてきて損しちゃった。じゃあね!」
 息子は手を振りながら、数十メートル先に止めてある車にもどって行きました。


 「いい子じゃないか。父親を見かけて、わざわざ追いかけて来るなんて」
 翌朝、オフクロに、しみじみと言われました。

 言われてみれば、確かに冥利に尽きる話です。
 ふだんは家に居ても、滅多に口を聞かない親子なんですけどね。
 もしかしたら夜道を一人で歩いている父親が、よっぽど不憫に映ったのかもしれませんね。

 大丈夫だぞ!
 まだ、そんな歳ではないぞ!
 でも、いつかは面倒を看てもらうかもしれないけど……。
 その時は、よろしくたのむ!


 あ・り・が・と・う
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 天高く老若男女が駆ける秋② (2018-10-15 14:47)
 “還活” の成果と誤算 (2018-10-10 11:48)
 われら、逃げ切り組 (2018-10-02 13:58)
 白髪ロン毛同盟 (2018-09-24 12:56)
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)

この記事へのコメント
追いかけられてドキドキしたでしょう。読者としては面白かったですが。いい息子さんですね。普段のお父様の優しさを見ているからなんでしょうね。
Posted by 優・寛の母さん at 2014年11月17日 19:11
優・寛の母さんへ

どうなんですかね。
父と息子というのは、実に照れくさいものです。
子育ての記憶も、小さかった時しか残っていないんですよね。
昔の写真を眺めては、「可愛かったなぁ」 とほくそ笑んでいます。
今では、僕のほうが見上げるくらい、大きくなりました。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年11月18日 11:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
通り魔の正体
    コメント(2)