温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年11月30日

血が騒ぐ


 「そりぁ~、東宮(とうみや) の血だな!」
 我が一族では、芸術や文学の道を志す者が現れると、必ず口をそろえて、こう言うのです。

 “東宮” とは、東宮家のこと。
 僕の父方の祖母も、母方の祖母も、旧姓を東宮といいます。
 だから僕の体の中には、“小暮” の血よりも “東宮” の血のほうが、多く流れているのです。
 ※(ルーツについては、当ブログの2012年4月22日「赤城温泉 赤城温泉ホテル⑤」を参照)

 歴上の人物では、「満蒙開拓移民の父」 と呼ばれた陸軍大佐の東宮鉄男(かねお) がいます。
 また詩人の東宮七男(かずお)<1897~1988> は、鉄男の従弟にあたります。
 で、七男の次男が、昨年他界した画家の東宮不二夫<1926~2013>であります。
 不二夫は、僕のオヤジの従弟にあたります。


 今日は、現在開催中の 『東宮不二夫 遺作展』 に行って来ました。

 生前、まだ不二夫さんが元気だった頃は、父と連れ立って個展会場へ行ったものです。
 でも今日は、僕一人。
 そして会場にも、不二夫さんの姿はありません。

 遺影と遺族が、来場者を出迎えていました。


 シベリヤ抑留の経験を持つ画家の作品には、根底に “反戦” の色をにじませています。

  <若い兵士が殺し合うのだ
   戦争というのは
   はじまれば
   とどまるところ知らずではないか
   残虐な殺人鬼となる善良な兵士たち
   きれいな
   見通しのきく戦争などありゃしないのだ
   戦争というのはすべて
   汚いものなのだ>
 これは、東宮不二夫詩集 『激怒考』(2003年、煥乎堂) の中の 「イラク空爆」 の一節です。

 画家として、詩人として生きた87年間・・・

 絵を観ていると、沸々と一族の血が騒ぐのでした。


        『東宮不二夫 遺作展』
 ●会期  2014年11月29日(土)~12月3日(水)
 ●会場  ノイエス朝日
       前橋市元総社町73-5 TEL.027-255-3434
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
血が騒ぐ
    コメント(0)