温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年12月07日

川古温泉 「浜屋旅館」⑦


 こんばんは~! “温泉モデル” の小暮で~す。
 ウソです。ライターです。

 でもね、このたび、自分の著書や連載記事以外で、初めて温泉の 「入浴モデル」 になりました。
 えっ、なぜかって?
 うーん・・・・・・僕にも、事情は良く分かりません。
 気が付いたら、僕が表紙を飾るパンフレットが出来上がっていたのであります。

 ふつうは女の子のモデルを使うのに、そんな無謀な企画にチャレンジした勇気ある温泉宿とは?
 はい、川古温泉(群馬県みなかみ町) の一軒宿、「浜屋旅館」 であります。


 川古温泉といえば、温泉通には広く知られる群馬を代表する “ぬる湯” の湯治宿です。
 泉温は約40度。
 この源泉を加温することなく、生のまま内風呂と露天風呂に使用しています。

 湧出量は、驚きの毎分約700リットル!
 これだけあれば、大きな露天風呂もザバザバと、かけ流すことができます。

 そして、「これぞ!ぬる湯」 と思わずうなってしまう圧巻が、全身を包み込む “泡の粒” であります。
 炭酸の泡は、高温泉では付着しません。
 また加温した時点で、消えてしまいます。
 もちろん、湧出から時間が経過した湯も、泡は発生しません。
 湯が新鮮じゃないと体験できない、ありがたい温泉なのであります。

 昔から 「泡の出る温泉は骨の髄まで温まる」 と言われています。
 未体験の人は、ぜひ一度、全身泡だらけになってみてください。
 きっと、体中から老廃物や疲労物質などの毒素が抜け出ることでしょう。


 と、いうことで、浜屋旅館の最新パンフレットの表紙と中のグラビア写真に、入浴している僕の写真が使用されています。
 日帰り入浴も可能な秘湯の宿であります。

 さあ、温泉ファンのみなさーん!
 小暮淳のブロマイドにもなるパンフレットをゲットしに、川古温泉に、いらっしゃ~い!
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 川原湯温泉 「やまきぼし」 (2020-08-31 13:55)
 新鹿沢温泉 「鹿澤館」 (2020-07-12 11:35)
 谷川温泉 「別邸 仙寿庵」 (2020-06-23 15:18)
 老神温泉 「楽善荘」② (2020-06-03 11:48)
 霧積温泉 「金湯館」⑩ (2020-03-16 12:13)
 尻焼温泉 「ホテル光山荘」③ (2020-03-07 13:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
川古温泉 「浜屋旅館」⑦
    コメント(0)