温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年12月14日

尾瀬戸倉温泉 「旅館わかば」


 僕のプロフィールには、時々、「年間約100カ所の温泉地を訪ね」 と表記されることがあります。
 当然、この数字は旅館を訪ねた延べ軒数です。

 近年で一番多かった年は、一昨年(2012) の116軒でした。
 が、昨年は78軒とダウンしました。
 で、今年はどんなペースかと申しますと、現在、90軒の温泉宿を訪ねています。

 その、ちょうど90軒目だったのが、昨晩泊めていただいた尾瀬戸倉温泉の 「旅館わかば」 でした。


 「いつも新聞、読んでいますよ」
 雪の降りしきる坂道を上り、赤々とストーブの炎が燃えるロビーに入ると、開口一番、2代目主人の萩原壮児さんが部屋を案内しながら言いました。
 「えっ、読んでくださっているんですか?」
 と驚く僕に、
 「うちは朝日新聞だから。あの記事は、面白いね」
 だんて言われれば、いきなり僕のテンションも上がります。

 外は、しんしんと雪が降り続いています。
 「まずは、雪見風呂とシャレ込みますか~!」
 とテンションの上がったまま、浴室へ。

 ん~、ドアを開けると、ほのかに漂う温泉臭。
 「ここの源泉は、確か硫黄泉だったよな~」
 なんて思いながら、湯舟へ。

 熱からず、ぬるからず、ちょうど良い湯加減です。
 pH9・6のアルカリ度の高い湯は、案の定、肌にまとわり付くツルスベの浴感!
 冷えた体を芯から温めてくれました。


 湯上がりは、山の幸を肴に、まずはビールを1本。
 アユの塩焼きや野菜の天ぷら、シイタケやタケノコの煮物といった素朴な味に舌鼓を打ちました。

 食後は、尾瀬歴60年のベテラン登山ガイドであり、スキーのインストラクターでもある主人の含蓄のある “山話” を、たっぷりと聞かせていただきました。


 年内、まだまだ温泉地をめぐりますよ。
 さて今年は、目標の100カ所に達することができるでしょうか?

 みなさん、今年の僕の最終数字を予想してみてくださいな!
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 猪ノ田温泉 「久惠屋旅館」⑪ (2021-03-01 09:51)
 川原湯温泉 「やまきぼし」 (2020-08-31 13:55)
 新鹿沢温泉 「鹿澤館」 (2020-07-12 11:35)
 谷川温泉 「別邸 仙寿庵」 (2020-06-23 15:18)
 老神温泉 「楽善荘」② (2020-06-03 11:48)
 霧積温泉 「金湯館」⑩ (2020-03-16 12:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
尾瀬戸倉温泉 「旅館わかば」
    コメント(0)