温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年12月25日

深夜の不審人物


 「先生、今度、飲みに行きませんか?」
 先日の温泉講座日に、受講生のTさんから誘われました。

 Tさんは、今年の4月から受講を始めた新入生です。
 歳は僕のほうが少し上ですが、同世代です。
 話を聞けば、前々から僕の本やコラムの読者で、温泉講座のことは、このブログで知ったとのこと。
 温泉が大好きで、誰よりも熱心で、毎回、僕の隣で温泉の話をしている優等生であります。


 「メリークリスマス!」
 いつもの酒処 『H』 で、ママとTさんと、ワインで乾杯!

 「クリスマスイブに来るっていうから、てっきり女性と同伴だと思ったわよ」
 とママ。
 「女性は、もう飽きたの。今日は “彼氏” と、ゆっくりイブの夜を過ごすんだから、ほっといてよ」
 と、カマっぽく答える僕。

 夜が更けるのも忘れて、Tさんと温泉三昧の熱~い話に酔いしれました。


 午前0時、師走の繁華街。
 Tさんと店の前で別れ、ほろ酔い気分で歩く僕。
 いつもは閑散としている前橋の街も、クリスマスイブの夜だけは、人が出ていました。

 街灯のない、暗い裏道へ入り込んだ時です。
 前方から大きな箱を抱えた影が近付いてきました。
 とっさに身構える僕。
 すると・・・

 「暗闇の中、すみません」
 「(ドキッ!)」
 「野菜を買ってくれませんか?」
 「えっ?」

 背の高い若い男性が、箱の中を僕に見せました。
 暗くて、何が入っているかよく分かりません。
 「野菜?」
 「はい、売れ残っちゃったんで、買ってくれませんか?」

 あまりにも不気味だったので、丁重にお断りして、家路を急ぎました。


 国道を渡り、閑静な住宅街に差しかかった時です。
 前方から街灯に照らされる、人影・・・

 小柄で、フードの付いたコートを着ています。
 胸には、スマートフォンらしい明かりが揺れています。

 僕が避けようと道の右側に寄ると、その人も右に寄ります。
 左に寄れば、左に寄ります。

 <ヤバイ! 刃物を持っているかもしれない>
 またもや身構え、両手のコブシを握り締めました。

 と、その時です。
 「あの~」
 か細い女性の声がしました。
 「えっ、はい・・・」

 「あの~、このへんに、警察の立ち入り禁止のテープが張られた家はありませんか?」
 「えーーー、??????」

 <何を言ってるんだ、この女は?>

 「テープって、殺人事件があった時に張られるテープですか?」
 「はい、火事現場でもいいんですけど」

 もう、何がなんだか分かりません。
 「探して、どーするの?」
 と、今度は僕が問い詰めました。
 すると・・・

 「知らないなら、いいんです」
 そう言って、僕の前から立ち去ってしまいました。


 午前0時、クリスマスイブの夜。
 いったい、この街で、何が起きているのでしょうか?
 

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 不要不急に物申す! (2021-01-16 12:20)
 レバニラは青春の味なのだ! (2020-12-23 11:58)
 千里を走る馬に乗って (2020-12-01 13:53)
 はあ、おっぺしたん? (2020-11-12 11:50)
 しあわせの記帳音 (2020-10-07 10:22)
 戒厳令の夜明け (2020-06-17 12:00)

この記事へのコメント
野菜の方はなんとなく察しがつきます。おそらく果物売りの亜種ですね。
Posted by 古市場 at 2014年12月25日 20:26
古市場さんへ

ですね。
野菜のほうは、僕もなんとなく察しがつきます。
でも、女性の行動が理解できません。
もしかして、たった一人で心霊スポットめぐりをしていたのでしょうか?
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年12月26日 11:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
深夜の不審人物
    コメント(2)