温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年01月10日

初代県令とカルタ


 いよいよ今日から、群馬県庁昭和庁舎2階の 「ぐんま花燃ゆ大河ドラマ館」 がオープンしました。
 県内の新聞は、一斉に報じています。

 待望のNHK大河ドラマ 「花燃ゆ」 が今週日曜日からスタートして、ますます群馬県は観光誘致に力が入っています。

 で、ドラマの主人公は吉田松陰の妹、文(ふみ) ですが、彼女の2人目の夫となるのが初代群馬県令の楫取素彦(かとりもとひこ) であります。
 楫取素彦といえば、カルタの札でお馴染みですね。

 「き」 の 『教育に心血注ぐ 楫取素彦』

 えっ? そんな札は 「上毛かるた」 にはないって?
 そーです。「上毛かるた」 の 「き」 の札は、『桐生は日本の機(はた) どころ』 ですものね。

 僕が言っているのは、「新・ぐんまカルタ」 のことなんです。


 「新・ぐんまカルタ」 は、2008年に有志が集まって “これからの群馬を担う子どもたちのために” 作られた現代版 「上毛かるた」 なんです。
 当時、僕は制作実行委員をしていました。

 楫取素彦も、「上毛かるた」 には載らない偉人の一人として取り上げています。
 ご興味のある方は、県内の主要書店にてお求めください。 

同じカテゴリー(著書関連)の記事
 コンプリートのチャンス! (2018-10-12 12:44)
 三途の川を渡れなかった婦人 (2018-09-27 14:35)
 三途の川を渡った弟 (2018-09-21 11:07)
 そして今日の毎日新聞 (2018-09-17 13:43)
 今日の上毛新聞 「読書面」 (2018-09-16 10:45)
 表紙のイラスト (2018-09-14 18:29)

この記事へのコメント
こんばんは。
今年もよろしくお願いいたします。

20年位前に高山彦九郎の存在を知りました。

京都に銅像はあるが群馬にはないのが
残念です。

いつか陽の目が出るようにと思っています。
Posted by 桜井 at 2015年01月12日 01:45
桜井さんへ

彦九郎しかり、群馬には、まだまだ埋もれている偉人がたくさんいますね。
そして彼らは、みな群馬の温泉を訪ねています。
“偉人たちが愛した温泉”
そんな本をいずれ書いてみたいと思います。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年01月12日 13:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
初代県令とカルタ
    コメント(2)