温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年01月19日

どこかで 誰かが⑥ 恩師より


 <七時一寸過ぎにテレビをつけたら小暮くんのにこやかな笑顔が写し出され、間に合ってよかったと釘づけです。>

 郵便受けから取り出した1枚のハガキ。
 達筆な文字が、紙面いっぱいに、ビッシリと書かれていました。

 ハガキをひっくり返して、差出人の名前を見ると・・・
 「えええーーーっ!」
 な、な、なんと! 小学校5年生の時に、たった1年だけお世話になった担任のT先生(女性)であります。


 昨年、小学校の同窓会があり、T先生とは45年ぶりに再会しました。
 その数年前には、テレビで僕を見たと、わざわざ僕を探し当てて、電話までいただいたこともありました。
 そんな縁もあり、たびたび僕は、新刊が出版されると、先生に本を贈っていたのであります。

 でもね、今回のテレ東のことは、教えていませんでしたよ。
 そしたら、
 
 ですって。
 Tさん(女性) とは、同窓会の幹事です。

 彼女は、中学校も同じで、中学校の同窓会幹事もしています。
 だからかも知れませんが、別の仲の良い同級生にテレビ出演のことを知らせたら、彼女に伝わり、彼女から小学校&中学校の同級生および担任の先生たちに一斉メール、電話、ハガキが配信されたようであります。
 なんとも行動力のある人です(子供の頃から変わっていませんね)。


 先生のハガキには、こんなことも書かれていました。
 <美しい女優さん達にも勝る100万ドルの笑顔(小学生当時の純真な)、話しかけに、他の案内人が影うすく感じられました。>
 だなんて、先生、照れますよ~!
 それじゃあ、小学生から全然変わってないみたいじゃありませんか!

 そして、最後には、こんな一言が添えてありました。

 <タレント的要素があると、通知票に書きたいよ♪>
 ですって。
 いくつになっても、先生は先生なんですね。

 ありがとうございました。
 先生、いつまでもお元気で、長生きしてくださいね。

 僕も先生の教え子で、良かった!
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 意地悪な神様 (2018-08-13 13:40)
 介護日和 (2018-07-30 18:20)
 蚊のいない夏 (2018-07-20 17:46)
 もっと恍惚の人 (2018-07-12 11:01)
 生涯現役 (2018-07-03 11:15)
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
どこかで 誰かが⑥ 恩師より
    コメント(0)