温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年01月21日

はじめの一歩


 今日は第3水曜日。
 NPO法人 『湯治乃邑(くに)』 の月例役員会議の日です。
 午後から高崎市の事務所へ行ってきました。

 去年の夏から何度となく通っている道。
 高崎駅西口から歩いて、約20分。
 古い町並みが続く、閑静な住宅街の一角にあります。

 僕は毎回、この駅から事務所までの道程を楽しんでいます。
 もちろん車でも行けますが、駐車場の数に限りがあるので、会議の時は必ず歩くようにしています。

 高崎市は古い町名が残されていて、いいですね。
 鞘(さや)町や羅漢町、九蔵町、歌川町・・・
 前橋市は空襲で焼け野原になってしまったため、戦後、区画整理が進んで、なつかしい町名がほとんど消えてしまいましたもの。
 古い町並みは、それだけで散策が楽しくなります。


 さてさて、今年最初の役員会議であります。
 プロジェクターを使って、結成からこれまでの歩みの報告、および現在着手している案件の現状と予定を話し合いました。

 現在、我々が取りかかっている案件は2件。
 宿を閉めてしまったN温泉の再生と、未使用源泉の活用を考えるH温泉です。

 すでに2件とも昨年から会員が現地に入り、オーナーや地域住民との話し合いを行っています。
 僕も何度か同行して、説明会などを開いています。

 “湯治場の再生は地域の人たちと共に”

 これが我々の基本理念です。
 かつての湯治場は、外部の人たちのための観光施設ではなく、“地域の社交場” であったからです。
 だから使用されていないキャンプ場や廃校など、周辺施設の再利用も含めて、地域住民との連携を進めています。


 約2時間の有意義な会議を終え、僕はまた暮れなずむ高崎の街を歩き出しました。


 NPOの活動は始まったばかり。
 やっと歩き出した幼児と同じです。

 まずは、はじめの一歩から!
 少しずつ、できることからコツコツと歩を進めていきたいと思います。
 

同じカテゴリー(湯治乃邑)の記事画像
1周年記念パネルディスカッション
温泉が消えていく!
夢の架け橋
同じカテゴリー(湯治乃邑)の記事
 さらば、浮き草暮らし (2018-10-20 12:22)
 第3回 公開パネルディスカッション (2018-10-05 20:53)
 パネディス、今年も開催します! (2018-08-22 18:11)
 コラム 『湯治ふたたび』 (2017-09-28 14:02)
 湯治場の復活を考える② (2017-09-09 13:00)
 第2回 公開パネルディスカッション (2017-08-17 14:37)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
はじめの一歩
    コメント(0)