温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年02月07日

おじいさんといっしょ⑥ あっぱれ老人力


 ♪あー、テレビも(観れ)ねえ ラジオも(聴け)ねえ
   新聞・雑誌も字が読めねえ
   何から何まで1人じゃできねえ
   1日なんにもすることねえ
   オラ、こんなジジイいやだ~♪

 そんな替え歌でも歌いながらじゃなければ、やってられませんって!


 2日間のご無沙汰でした。
 まあ、いろいろありまして、ブログを書いている時間がなったのであります。

 先月、オフクロが入院してから、また実家はボケ老人のオヤジが1人だけになってしまいました。
 ふだんはアニキが面倒を看てくれているのですが、今週は家族のいる東京へ帰っていません。
 よって、僕が実家に泊まり込んでいます。

 オフクロがいたときは、良かったんです。
 足が不自由なオフクロでも、いるだけでオヤジの話し相手になってくれていましたからね。
 また2人なら留守番もできるので、数時間の外出も可能でした。

 が! 徘徊するボケ老人のオヤジを家に1人きりにすることはできません。
 朝から晩まで、ずーーーっと一緒にいないと、何をしでかすかわかりませんもの!

 だからって、何かをしているわけではありません。
 目が悪いので、テレビも観ないし、新聞や雑誌も読みません。
 耳が遠いので、ラジオも音楽も聴きません。

 ただ一日中、じーーーっとコタツの中にいるだけです。
 そして、そのほとんどは寝ています。

 時々目を覚ましては、「腹減った!」 と大声で叫びます。
 オヤジに残された欲は、“睡眠欲” と“ 食欲” しかありません。

 記憶もありませんから、オフクロが入院していることも分かりません。

 「ばあちゃんは、どこへ行ったんかな?」
 「病院だよ」
 「どーしたんだ? 入院しているのか?」
 「そうだよ」
 「そーか・・・」

 でも、ものの3分と経たずに、また同じ事を聞き返します。
 そして、やがてオフクロが居ないことも忘れてしまうのです。

 良い事も、悪い事も、みーんな忘れてしまいます。
 これが 「老人力」 なんですね。

 今のオヤジを見ていると、この世に怖いものは何1つないようです。
 あっぱれ、老人力!
    

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

この記事へのコメント
こんばんは。
お父様の介護ご苦労様です。

私が看護学生時代、実習先の病院で、認知症のおじい様を受け持たさせて頂いた時、その方は1日中、何度も病棟の廊下を行ったり来たりしていました。廊下に突き当たっては、くるっと向きを変え、又戻って、それを1日中同じ事を繰り返す。
私は、初めは何故そんな無意味な事をしているんだろう?と思ってました。

しかし、徘徊するにも理由がある!
その方の思い、認知症の症状を理解すると、この方の行動の一つ一つが無意味な事ではない。と、その方を通して勉強させられた気がしました。

介護するご家族の方の精神的・身体的負担も強いと思いますが、親孝行なさって下さいね。

生意気な事言って失礼しました(._.)
Posted by なつな at 2015年02月07日 23:52
なつなさんへ

ありがとうございます。
若いときの親不孝を一気に取り戻そうと、“いい息子” を演じています。
暖かくなったら、オヤジを車に乗せて、景色の良い公園にでも連れて行ってやろうと思います。

春よ、来い!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年02月08日 11:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
おじいさんといっしょ⑥ あっぱれ老人力
    コメント(2)