温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年04月11日

下山支度


 先日、ブログで、来月出版される新刊本の最後の原稿を書き上げたことを報告しました。
 ※(2015年4月9日 「終わりは旅の始まり」 参照)

 そしたら、そのブログを読んだ知人から、こんなメールが届きました。
 <お疲れ様でした! まるで登山家みたい。頂上で至福のいっぷくしてくださいね>

 んーーーー、たった、これだけの短いメールなんですけど、胸の奥にジーンとしみてきました。
 うれしいじゃ、あーりませんか!
 家族だって、かけてくれませんよ。そんな言葉!

 ああ、誰かが、どこかで、見ていてくれるんだ~。
 ってね、とっても幸せな気分になりました。
 Hさん、ありがとうございます。


 僕は、本を1冊作り上げることを、たびたび登山に例えてきました。

 登山口に立ったとき、希望でワクワクしています。
 でも、5合目を過ぎたあたりから苦しくなって、「今なら、まだ引き返せる」 「いやいや、あきらめてはいけない」 と葛藤を繰り返し、自分で自分を叱咤激励し、ときには 「お前は天才だから!」 とおだてあげ、急登を息も絶え絶えに上ります。

 そして、最後に手にするものは・・・
 自分の2本の足で登り切った者だけが味わえる、絶景と達成感であります。

 この頂上からの景色と満たされた心に出合いたくて、人は山に登るんですよね。


 でも、いつまでも頂上に留まっているわけにはいきません。
 登山とは、下山もふくめて “登山” なのであります。

 至福の一服を済ませたら、すぐに下山の支度にかかります。


 今日の午後、業界用語で 「付け合わせ」 といわれる最終の校正チェックが行われました。
 ディレクターとデザイナーと筆者が1つのテーブルを囲んで、赤字の入った何枚もの校正紙を1つの校正紙に書き写してまとめる作業です。

 基本、校正は3人が行います。
 まず筆者本人と編集者、そして取材先(温泉宿のご主人や女将さん) にも送り、記述に誤りがないか見てもらいます。

 これらを1つにまとめ、訂正箇所が直っているかチェックする作業が 「付け合わせ」 です。
 本日、2時間半かけて、無事に全チェックが終了しました。

 これにて下山の準備が完了です。


 ふもとに下りる頃には、新刊本が出来上がっていることでしょう。


同じカテゴリー(著書関連)の記事
 山頂に立つ (2018-06-14 11:00)
 ディレクター魂 (2018-06-07 15:38)
 どこかで 誰かが⑨ ディレクター (2018-05-29 11:18)
 不自由なれど (2018-05-21 13:34)
 読者の目 (2018-04-27 12:09)
 どこかで 誰かが⑦ 写真 (2018-01-31 12:21)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
下山支度
    コメント(0)