温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年04月21日

積載オーバーの軽トラで急坂をのぼる


 ラジオ派の僕は、仕事をしながらラジオを聴いていることが多いので、あまりテレビ番組は観ません。
 ニュースと、午後のサスペンスの再放送くらいです。

 そんな僕が、ちょっとハマっている番組があります。
 NHKで毎週金曜日に放送されている 『ファミリーヒストリー』 というドキュメント番組です。
 毎回、各界で活躍する著名人の家族の歴史を徹底取材して紹介しています。

 先週は、俳優でタレントの坂上忍さんでした。
 破天荒なお父さんの人生にスポットを当てていました。

 彼のお父さんは、売れない小説家。
 出版社を立ち上げるも、多額の借金を残して倒産します。
 そして離婚。借金を残したまま、家族の前から消えてしまいます。

 その後、子役時代から俳優として活躍してきた坂上さんが、借金を返済した話は有名です。


 当然、坂上さんは、そんな身勝手な父親を許すわけがありません。
 「守るべきものを守ってから、自分のやりたいことをやってくれよ」
 父親のヒストリー映像を観ながら、つぶやきます。

 おおおおーーーーっ!
 その言葉、グサリと胸に突き刺さります。

 いえね、僕は彼の父ほど莫大な借金も無いし、まだ家族を捨ててはいないですけどね。
 それでも、彼のお父さんの気持ちが、よーーーく分かっちゃったりするんですよ。
 その、現実から逃げ出したい気持ち!

 今は亡き、彼のお父さんに代わって弁明するならば、
 「守るべきものを守っていたら、いつまで経っても自分のやりたいことができないんだよ」
 ということでしょうか!?
 まー、かなり身勝手な言い分ですけどね。


 誰だって、守るべきものを守りたいし、自分のやりたいこともやりたい。
 でも、その2つを同時にこなすということは、積載オーバーの軽トラに乗って、長い長い急坂をのぼっているようなものなんです。
 それはそれは、大変な人生の選択であります。

 これを回避する手段は、2つ。
 積荷を降ろして身軽になるか、平坦な道を選んで走るか。

 で、坂上さんのお父さんは、前者を選んだわけです。

 でもね、どちらの選択もできない、欲張りで、小心者もいるわけですよ。

 ね、そーですよね!
 全国の夢をあきらめ切れずにいる真面目なお父さんたち!

 弱音や愚痴を吐きながらでも、この長い急坂をのぼり切ってやろうじゃありませんか!

 ウンコラショ、ドッコイショ!


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 御用だ!! 「小暮」 (2018-01-15 13:45)
 フラッシュバック (2018-01-12 12:15)
 年賀御礼 ~見知らぬあなたへ~ (2018-01-08 18:58)
 人生に楽園があるとすれば (2018-01-06 12:04)
 天命元年 (2018-01-04 13:41)
 1+1が9になる日 (2018-01-02 13:37)

この記事へのコメント
全国のお母さんたちも頑張ってますよ〜。
仕事して、家事(年中無休)をこなして、子どもたちの習い事の送迎。
いったい私は何をしているのだろう?って考えることが度々あります。
お休みの日くらいはゆっくり寝ていたいって思っていても、なぜかいつもと同じ時間に自然に目が覚めてしまう。
あー何だか、主旨がわからなくなってきました。

お母さんも頑張ってまーす!
Posted by 優・寛の母さん at 2015年04月21日 22:17
優・寛の母さんへ

あ、……はい。
では、夢をあきらめ切れないお母さんも頑張りましょう!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年04月22日 11:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
積載オーバーの軽トラで急坂をのぼる
    コメント(2)