温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年04月26日

『い も う と』 によせて


 4月23日のブログで、『い も う と』 というタイトルの記事を書いたところ、大変反響をいただきました。
 コメント欄にも感想をいただきましたが、それ以外にも友人や知人から直接、メールや電話をいただきました。

 あまりの反響の大きさに、驚いています。


 <.感動しました。こちらの胸まで、ポッと温かくなりました。>
 <なんだか、とうに忘れていた若かりしころの切ないような空気を少し思い出したような・・・>
 <「お、に、い、ちゃん」 に、ゾクッときました。>
 <映画のような話ですね。>
 などなど、たくさんのメッセージをいただきました。
 ありがとうございます。

 で、書いた本人も改めて読み返してみました。
 いったい、あの文章のどこが、みなさんの心に響いたのか?


 どこにでも、誰にでもあるような話なんですね。

 昔、バレンタインデーにチョコレートをもらった女の子と文通をしていたということ。
 大人になってから、良く似た女性を見かけたということ。
 声をかけたら、その人だった。

 たった、それだけのことなんです。

 でも読んでいて、最後は僕も心がジーンとしてしまいました。
 それは、読みながら頭の中に映像が映し出されていたからです。
 想い出というスクリーンに映された、セピア色した映像です。

 きっと、誰もが似たような想い出をもっているからなんでしょうね。

 愛でもない、恋でもない。
 でも友達じゃない。
 友達以上、恋人未満というあやうい関係。

 それは遠い昔にオブラートで包んだまま、心の奥底にしまい込んであった甘酸っぱい記憶です。


 で、その後、どうなったかって?

 ええ、何度かコンビニには寄りましたよ。
 でも、急に姿が見えなくなってしまったのです。
 辞めてしまったのかもしれませんね。
 僕と会ったあの日が、最後の出勤日だったりして・・・

 縁とは、不思議なものであります。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 御用だ!! 「小暮」 (2018-01-15 13:45)
 フラッシュバック (2018-01-12 12:15)
 年賀御礼 ~見知らぬあなたへ~ (2018-01-08 18:58)
 人生に楽園があるとすれば (2018-01-06 12:04)
 天命元年 (2018-01-04 13:41)
 1+1が9になる日 (2018-01-02 13:37)

この記事へのコメント
先生の『い も う と』 を拝読したあと、古くは幼稚園時代までさかのぼっていろいろな思い出が甦りました。
みんなそれぞれの胸の中に、楽しい・美しい・ほろ苦い・・・いろんな淡い思い出をしまっているのですね。。。
小説にも映画にもならないけど、自分だけの大切なストーリーが心のスクリーンに描き出されたようです。
Posted by mimi at 2015年04月26日 20:55
mimiさんへ

と、いうことなんでしょうね。
誰でも自分の人生では、常に自分が主人公です。
これからも、そんなささいな出来事をつづっていきたいと思います。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年04月27日 10:15
えぇ~!ドラマティックすぎる結末...(T_T)
良いこと悪いこと、いろいろ想像してしまいましたが、
この余韻でさらにいいお話になっていますね。
Posted by カズ at 2015年04月27日 13:40
映像が目に浮かんできました。映画?それとも絵本みたいな、、、
Posted by お汁粉ちゃん at 2015年04月27日 19:34
カズさんへ

いえいえ、まだ結末は分かりませんよ。
ただ単に、休暇を取っているだけかもしれませんし、シフトの時間帯が変更になったのかもしれません。
でも、あれだけ頻繁に見かけていたのに、その後、一度も会っていないというのも不思議なんですよね。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年04月27日 19:39
お汁粉ちゃんへ

お久しぶりです。
そう言っていただけると、うれしいですね。
お汁粉ちゃんも、似たような想い出があるのかな?
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年04月28日 00:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『い も う と』 によせて
    コメント(6)