温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年04月30日

昭和の歌が聴こえる


 2週間ほど前、ライブハウスを経営する友人からメールが届きました。

 <来たる4月29日 「昭和の日」、夜7時から 『昭和珍歌謡会』 を開催します。秘蔵レコードをネタに、無理矢理○○する企画です。多少の忍耐が必要です。C級アイドルやソノシートも参戦予定。レコードの持ち込みもOK。入場料なし。ドリンクオーダーのみ。よかったら、どうぞ。>


 彼は、中学校の同級生です。
 頭脳明晰で、学年トップクラスの秀才。
 なのにガリ勉ではなく、スポーツも万能! 
 ま、僕とは真逆のタイプなんですけどね~。なぜか、仲が良かったのです。

 ご多分にもれず、県内トップの進学高校から国立大学へ進み、国家公務員という絵に描いたようなエリートコースを歩んだわけです。
 これまた、僕とは真逆な人生です。でもなぜか、大人になってからも仲が良かったのです。

 ところが、が、が!

 そんな彼が、何を血迷ったか、50歳を目の前にして突然、ドロップアウトしてしまったのです。
 将来を約束され、保障されていた人生を捨てて、退職金を注ぎ込んでライブハウスを始めたのであります。

 青天の霹靂とは、このことです。
 まわりの友人たちは、ぶったまげましたよ。
 でもね、なんとなく僕は彼の気持ちが分かるんですよ。

 「我慢しながら生きるのは、もうイヤだ! 生涯、好きな音楽に埋もれて暮らしたい!」
 っていう、ことなんです。

 あれから8年・・・
 彼は北関東の片田舎で、細々とライブハウスを経営しながら、毎日、大好きな音楽に囲まれて生活しています。


 と、いうことで、「昭和の日」 の昨日、僕は秘蔵のレコードとソノシートを持って、彼の店を訪ねました。

 ボツ!(針をレコード盤に落とす音)
 シャリシャリ、シャリシャリ(レコード盤特有のノイズ音)

 もう、その瞬間から店内は、昭和の空気でいっぱいになります。

 オーナー(彼) と常連客と、レコードに針を落とすたびに、「あの頃は、どうだった」「好きなアイドルは、だれだれだった」と、思い思いの想い出話がポンポンと飛び出してきたのであります。

 ああ、昭和って、いいなぁ~♪


 ちなみに、僕が持参したレコードとソノシートは以下のようなものでした。
 <レコード>
 ●「夢みるシャンソン人形」 フランス・ギャル
 ●「モンキーズのテーマ」 モンキーズ
 ●「モナリザの微笑」 ザ・タイガース
 ●「帰って来たヨッパライ」 ザ・フォーク・クルセイダーズ
 ●「そよ風と私」岡田奈々
 ●「青い花火」 浜田朱里 ほか
 <ソノシート>
 ●「ウルトラQ 大あばれ怪獣大戦争」
 ●「オバケのQ太郎 Qちゃんとりでの決闘」 ほか


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 不便と不自由の選択 (2018-12-10 12:08)
 ガンバレ! 人生百年 (2018-11-26 13:34)
 あめ玉とえびせん (2018-11-13 12:17)
 逃げろ!子どもたち!!④ いじめの呪縛 (2018-11-10 12:07)
 遺伝子のゆくえ② (2018-10-30 23:01)
 風のルーツ (2018-10-26 18:01)

この記事へのコメント
♪天国良いとこ、一度はおいで~
酒は旨いしねーちゃんはキレイだぁ~♪

ここのところ、先生のストーカーになったように(笑)
ほぼ毎日コメントしてしまったので、
今日は拝読するだけーと思っていましたが・・・

昭和の歌が大好きな私は黙っていられなくなりました。
先生、こんな素晴らしいお店があるなんて!
次回こっそり教えてください。

帰ってきたヨッパライの歌がずーーっと頭の中を駆け巡っています。
Posted by mimi at 2015年04月30日 22:20
mimiさんへ

アナログ人間の僕なんか、今でも昭和くらいの時代背景が、ちょうど居心地がいいんですね。
今の歌なんて、はっきり言って覚えられませんもの。
だから自分で歌を作って、歌っているんだと思います。
ぜひ一度、ライブにお越しくださいませませ。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年05月01日 11:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
昭和の歌が聴こえる
    コメント(2)