温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年05月08日

ナゾを解くカギ


 俳優の今井雅之さんが、末期がんであることを告白。
 会見に現れた姿は、激やせして別人のようでした。

 たぶん、このニュースの影響もあるんだと思いますが、今、ちまたでは “小暮淳重病説” が流れています。

 確かに僕もやせましたが、今井さんほど、はやせていませんよ。
 しかも、前が太りすぎだったのであって、今の体重が標準体重です。

 でもね、突然やせると、まわりは驚くみたいです。
 昨日も同級生から、こんなメールが届きました。

 <テレビでお顔を拝見しました。久しぶりに見た淳ちゃんは、なんだかお痩せになったような……。お顔がスッキリしていて、びっくりです。お元気なんだよね!? 心配になってしまいました。>


 心配していただくのは、ありがたいのですが、僕はいたって元気ですよ。
 いえいえ、以前より数倍も健康になりました!

 とにかく血圧が下がりました。
 それと慢性の頭痛と胃痛が、ピッタリとなくなりました。
 なによりも驚いたのは、軟便が治ってしまったことです!
 恥ずかしい話、僕は一年中、下痢気味だったのです。

 この件について、こんなことを言った人がいました。
 「少食になったからですよ。胃腸が少ない量の中から、できるだけ栄養分を吸収しようとするから、便が硬くなったんです。できるだけ繊維質を摂るようにしてください」

 でも彼も医者や専門家ではありませんから、真偽のほどは定かではありませんけどね。


 で、やはり、ナゾは “なぜ、やせたか?” であります。

 食事制限や過度な運動などのダイエットは、一切していません。
 最初の1ヶ月だけは、何十年と習慣になっていた晩酌をやめたために一気に4~5㎏やせましたが、その後は、お酒も普通に飲んでいます。
 なのに、それから半年で約10㎏ほど体重が減少しました。

 ま、主治医にも毎月診てもらっているので、重病説はないと思います。
 となると考えられるのは、突然、体質が変化したという説です。
 これには、少し心当たりがあります。
 去年の夏までは肉食系だったのですが、今は魚や野菜を好んで食べるようになりました。
 でも、だからって、肉を一切食べないわけではありませんよ。

 ん~、ナゾは残ります。


 そしたら先日、こんなことを旧友からズバリと言われました。
 「小暮の場合は、介護やつれだな」
 「介護やつれ?」
 「そう、オレもこの数年で両親を見送ったけどさ、それまでは太れなかったもの。本人は気づいてないようで、肉体的にも精神的にも、かなりダメージをくらっているわけよ」

 なるほどね。
 説得力のある説ではあります。
 が、はたして、それが真の要因なのでしょうか?

 いったい、ナゾを解くカギは、どこにあるのでしょう?
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 もっと恍惚の人 (2018-07-12 11:01)
 生涯現役 (2018-07-03 11:15)
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)

この記事へのコメント
ピンポイントな答え?が、ないのでは?

食の好みの変化は重要なところになります(体質改善の基本です)
介護は、全身全霊労働に相当しますし(自覚以上に疲れます)
頻繁に温泉入浴をされていますし…(入浴自体がハードな行為です)

答えが一つでは解決できないのでは?
Posted by ぴー at 2015年05月11日 15:36
ぴーさんへ

さまざまな条件が重なった結果のようです。
プラス、ガソリン代の節約のため、仕事以外ではクルマの使用を極力減らしています。
実家との往復だけで、約10㎞はチャリをこいでいます!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年05月11日 23:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ナゾを解くカギ
    コメント(2)