温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年05月18日

BURAI


 ♪ 無頼なれ君よ 心震わす日のために
   無頼なれ君よ 君が君でいるために ♪
   (『BURAI』 by アリス)


 好きな作家は?
 と訊かれると、たくさんいて困るのですのが、時代に関係なく、昔からこの2人の名前を挙げています。
 檀一雄と立原正秋。

 10代~20代前半にかけて、むさぼるように読んだ記憶があります。
 今でも、なつかしくなると 『火宅の人』 や 『冬の旅』 を書架から引っ張り出してきて、読んだりします。

 2人の作家に共通しているのは、“無頼派” ということでしょうか。


 無頼とは、
 正業につかず、無法な行いをする者。<広辞苑>
 定職がなくて、法を無視した行動をすること(人)。<新明解国語辞典>
 という意味ですが、僕の中では、まったく別のニュアンスで解釈してきました。

 アウトローには違いないのですが、不良やならずものとも違う。
 一匹狼で、大勢にこびず、時代に流されず、一本筋の通った自分の信念を貫いている人間。
 それが、僕が10代から抱いている “無頼感” です。


 今の時代、自分は正しいと思っても、なかなか人と違った生き方を通すことが難しい世の中ではあります。
 だからこそ、男は、無頼な男にあこがれるのかもしれません。

 無頼な男にあこがれ、無頼な生き方を模索し続けて40年・・・
 まだまだ無頼きれずにいる自分を、持て余している今日この頃であります。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 もっと恍惚の人 (2018-07-12 11:01)
 生涯現役 (2018-07-03 11:15)
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
BURAI
    コメント(0)