温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年05月30日

酒と映画と更年期


 なんとなく疲れています。

 身体は、とても健康なんですけどね。
 なんだか脱力感があって、覇気がありません。

 1冊、本を書き上げたという解放感からかもしれませんが、何をやるにも欲がありません。
 五月病?
 と思っていたら、親しい友人から、
 「ズバリ、それは更年期障害でしょう!」
 と言われてしまいました。

 やけに納得してしまいました。


 介護疲れもあるかもしれませんね。
 ボーっと考え込んでいる時間が多くなりましたもの。
 こんなときは、気分晴らしに、酒を浴びるのが一番です。

 と、いうことで昨晩は、両親を寝かしつけてから、そーーーーっと実家を抜け出して、久しぶりに我らの溜まり場へ!
 ご存知、酒処 『H』 であります。

 いやいやいや~、花金ということもあり、満員御礼であります。
 といっても、カウンター席だけの小さな店です。
 10人も入れば、ほぼ満席状態。

 それでも次々と客がやって来ます。
 カウンターの中から、ママが補助イスを出すのですが、それでも間に合わない。
 ついに、後から来た2人の客は、入口近くの僕の背中で立ち飲みを始めました。

 これ、すべてママの人柄と、質の良い常連客の賜物であります。


 「そうそう、今日の小暮さんのブログ、読みましたよ。グッと引き込まれました」
 とK君。
 早くも昨日の昼に書いた 『“い も う と” の笑顔』 をチェックしてから来たようです。

 すると、「えっ、俺、まだ読んでない」 と言って、隣の席のSさんがスマホを取り出して、すかさずチェックを始めました。

 さらに、カウンターの奥にいた常連客の1人が、
 「 『い も う と』 シリーズ、読んでますよ~!」
 と大声を上げて会話に参入。
 店内は、いきなり 『い も う と』 の話題で盛り上がってしまいました。

 すると、「映画にしましょう!」 と言いだしっぺのK君。
 「監督は?」 と問えば、「大林宣彦に決まっているじゃありませんか!」 とファンの様子。
 「で、舞台は?」
 「当然、尾道でしょう!」
 「じゃあ、富田靖子ちゃん使ってよ」
 と僕。昔からファンなんです。

 そのうち、まわりからも要望が。
 「俺も、セリフのないチョイ役でいいから、出させてよ」
 「じゃあ、コンビニの店長ね」

 「ママも出たい?」
 「出たい、出たい! どんな役でもいいから」
 「う~ん、じゃあ、5時から引き継ぎでシフトに入るパートのおばちゃんね」

 なーんていう具合に、話はどんどんエスカレートして行ったのであります。
 起用する役者も、常盤貴子や松田翔太、濱田岳、根岸希衣、余貴美子、夏川結衣など個性派、演技派の名前がポンポンと飛び出しました。


 あー、楽しかった!
 気が付いたら、頭の中に巣作っていたモヤモヤは、消え去っていました。

 更年期障害なんて、酒とゆかいな仲間がいれば、怖くないぞーーーっ!
  

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 7回裏、チャンス到来! (2018-08-20 18:17)
 10%のしあわせ (2018-08-01 19:24)
 ハラスメント対策 (2018-06-05 10:26)
 貧乏脱出大作戦 (2018-05-31 11:15)
 『新ぐんまカルタ』 制作10周年 (2018-05-09 12:40)
 「F」 と 「H」 (2018-04-18 14:14)

この記事へのコメント
いや〜私も、何だか疲れが取れなくて、やらなきゃならないことは山ほどあるのに、やる気がおきなくて…そんな時、呑みたい気分わかるなぁ〜。
と、言っても主婦ってなかなか呑みに出られないんですよね(泣)
いいなぁ〜楽しそうで。
Posted by 優・寛の母さん at 2015年05月31日 07:45
優・寛の母さんへ

僕のまわりの女性陣は、独身やバツイチ、結婚していても子どものいない人たちばかりなので、優・寛の母さんのような境遇の人がいないんですよ。
主婦って、大変なんですね。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年05月31日 20:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
酒と映画と更年期
    コメント(2)