温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年07月02日

忘れ物を取りに


 「ブログ、いつも読んでるよ。この間のは、良かったな~」

 久しぶりに、旧友に会いました。
 “この間の” とは、6月22日に書いた 『男は二通り』 のことでした。
 ミニバイクで、北海道旅行へ行くオジサンの話です。

 「実はさ、俺、バイクの免許を取ったんだよ。小型だけどね」
 「バイクの免許? また、どうして?」

 彼は僕より2歳年上です。
 ということは、来年は還暦!
 何を、どう血迷ったというのでしょうか?

 「いやね、10代の頃、バイクに乗りたくてさ。免許を取ろうとしていたんだけど、いろいろあって、結局、取らずじまいだったのよ」

 10代の頃といえば、40年も昔のことです。
 「なんでまた、急に?」
 彼は、急に少年のようにはにかみながら、こんなことを言いました。

 「忘れ物を取りに行って来たんだ」


 もし彼が、10代の頃に、もっと強い気持ちがあったなら、なにがなんでも、その時に免許を取っていたはずです。
 また、その後の人生においても、夢を捨てきれずにいたならば、この歳になるまで待たずに取っていたことでしょう。
 なのに彼は、40年も経った今になって、「バイクに無性に乗りたくなった」 と言います。

 「ブログのオジサンみたいに、遠出の旅はできないと思うけどさ。昔の、学生時代の友人を訪ねて回ってみようと思うんだ」

 なんだか、面白そうな話です。
 突然、訪ねて来られた友人たちもビックリすることでしょうね。
 「おいおい、確かにあの頃、バイクの免許を取るって言っていたような気がするけど、それが今か!?」
 ってね。

 まさに、“忘れ物” であります。


 さて、よーく思い出してみたら、僕にもたくさんの “忘れ物” がありましたよ。
 彼を見習って、1つずつ取りに行きましょうかね。

 そんなことを考える年齢になったということです。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 カメラマンの目 (2021-02-21 11:48)
 コロナに惑う子どもたち (2021-02-20 12:13)
 小銭のぬくもり (2021-02-15 13:29)
 ハナシのハナシ (2021-02-14 11:28)
 恋の占い 「アキストゼネコ」 (2021-02-09 14:09)
 人面●身の妖怪たち (2021-02-05 13:35)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
忘れ物を取りに
    コメント(0)