温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年07月05日

oh! 鎌倉物語


 待ってました!
 今年もやって来ました。
 年に1度の無礼講、“12時間飲み放題バスツアーの旅”。

 僕は毎年、某情報誌を発行する会社の社員旅行に同行しています。
 といっても仕事ではありません。
 ただの飲兵衛としての参加であります。

 昨年は日光、一昨年は牛久大仏、確かその前年は横浜だったような・・・
 行き先なんて、どこだって、いいんです。
 目的は場所ではなく、その行き返り!

 要は、どんだけ酒を飲み続けられるかどうかなのであります。


 と、いうことで、昨日は鎌倉へ行ってきました。

 いわば鎌倉は、僕の庭(?)
 いえね、若い頃から好きな街だったので、デートといえば鎌倉だったのです。
 大人になって、今の仕事に就いてからも、取材等で訪ねています。
 たぶん、僕が人生で一番訪ねている街かもしれませんね。

 て、いうことは、観光なんて、どーでもいいのです。
 ならば、飲んで、飲んで、飲み続けて、酔眼にて鎌倉の街を眺めてやることにしました。


 「カンパーイ!」

 午前7時半。
 JR高崎駅東口を出発するやいなや、バスがまだ高速道路に乗る前に、宴が始まりました。

 まずは缶ビールを2本。その次に紙コップが配られ、日本酒が一升瓶で回ります。
 Y社長自ら、酌をしてくれました。

 「いやいや、あんまり飛ばすと、トイレが間に合わなくなりますから」
 と、心にも無いことを言えば、
 「大丈夫ですよ、無礼講ですから」
 と意味不明な返答。

 無礼講だから、お漏らしをしても良いということなんでしょうか?


 案の定、昼に鎌倉に着いた時には、ほとんどの男性は出来上がっていましたよ。
 それでもオジサンパワーは全開です!

 駅前の若宮大路から鶴岡八幡宮まで歩いて参拝。
 そして帰りは、小町通りをビール片手に千鳥足にて散策。

 でも、みんな一番はしゃいだのは、やっぱり海でした!
 海なし県民の悲しい性なんでしょうね。
 ついつい、海を見ると走り出してしまいます。
 潮風が、ほろ酔いの肌を、やさしくなでて通り過ぎて行きます。

 そんな時・・・


 ♪ 鎌倉よ何故 夢のような虹を遠ざける
   誰の心も悲しみで闇に溶けてゆく ♪

 どこからともなく流れてきた、サザンオールスターズの 『鎌倉物語』。
 原坊の声が、胸の奥まで染み込んできて、忘れていた夏の想い出がよみがえります。

 Kちゃん、Mちゃん、Aちゃん、Yちゃん、みんな元気かな~?


同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 不要不急に物申す! (2021-01-16 12:20)
 レバニラは青春の味なのだ! (2020-12-23 11:58)
 千里を走る馬に乗って (2020-12-01 13:53)
 はあ、おっぺしたん? (2020-11-12 11:50)
 しあわせの記帳音 (2020-10-07 10:22)
 戒厳令の夜明け (2020-06-17 12:00)

この記事へのコメント
何人の女性をお連れしたのでしょうか?
Posted by 優・寛の母さん at 2015年07月05日 19:42
優・寛の母さんへ

恋の数だけ、とでも答えておきましょうか(笑)
想い出は多いほど、人生は楽しいものです。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年07月06日 11:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
oh! 鎌倉物語
    コメント(2)