温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年07月06日

唐揚げ記念日


 今日は朝から、無性に 「サラダが食べたい!」 と思っていたのです。
 そしたら不思議なこともあるものです。
 ラジオを聴いていたら、今日は 『サラダ記念日』 だと言います。

 <「この味がいいね」と君が言ったから 七月六日はサラダ記念日>

 あ~、なつかしい! 思い出しました。
 確かに今日は7月6日です。
 いつからだか、本当にこの日が記念日になってしまったんですね。


 『サラダ記念日』 は、1987年に出版された歌人、俵万智さんの歌集のタイトルです。
 で、表題作が前出の短歌です。
 当時、発売されるや、またたく間に売れて280万部の大ベストセラーに!
 既存の短歌のイメージから逸脱した瑞々しい感性と、自由な表現力が話題となりました。
 ご多分にもれず、僕も買った記憶があります。

 ところが、この本、出版社としても嬉しい誤算だったようですよ。
 だって、初版は、たったの3,000部だったんですって。
 「俳句、短歌は売れない」 というのが、業界の定説だったようです。

 僕の本だって、初版はもっと刷りますよ。
 でも今までに、増刷されたのは2冊だけで、温泉シリーズをすべて合わせても現在5万部です。

 それが280万部ですよ!
 これが、凡人と才能のある人との違いなんですね。


 ところでラジオでは、俵万智さんの裏話も話していました。
 この歌、実は事実と多少異なるようです。
 実際に彼女が作った料理は、鶏の唐揚げで、カレー風味に工夫したところ、ボーイフレンドにほめられたとのことです。

 と、いうことは、もし事実のまま歌を作っていたら、今日は 『唐揚げ記念日』 だったのですね。
 いえいえ、その前に、大ベストセラーにはならなかったでしょうな。

 ということで、今日はサラダと唐揚げを食べました。


同じカテゴリー(著書関連)の記事
 おかげさまで重版出来! (2021-02-12 13:22)
 知的好奇心を刺激する謎学の旅へ (2021-02-06 11:35)
 次はあなたの街へ (2020-03-08 13:45)
 残り1週間! 表紙画展 (2020-02-29 11:40)
 巡回展第2弾、本日より開催! (2020-02-01 12:42)
 表紙画展 in MAEBASHI (2020-01-27 16:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
唐揚げ記念日
    コメント(0)