温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年07月08日

妙義温泉 「妙義グリーンホテル」


 百聞は一見にしかず!
 噂にたがわぬ絶景に、見惚れてしまいました。

 昨日は、妙義温泉の「妙義グリーンホテル」に泊まってきました。
 いや~、参りました。
 ゴルフ場に併設しているホテルだからって、あなどってはなりません。
 通された9階の角部屋からの景色は、まるで水墨画を見ているよう。
 低く垂れ込んだ雨雲のじゅうたんから顔を出した、奇岩が連なる妙義山の全景を一望!
 眼下に目を向ければ、一面のグリーン。
 この雨の中、ゴルファーたちがプレーを楽しんでいます。

 しばし、ビールを片手に、刻々と表情を変える妙義山の雄姿を眺めていました。


 泊まってみて驚いたのは、景色だけではありません。
 平日の悪天候だというのに、その宿泊客の多さ!

 取材に応じてくれた支配人代行の藤原雅和さんによれば、「ゴルフ客は3割未満」だと言います。
 ほとんどの客は、観光目的か温泉目当てとのこと。
 世界遺産になった旧富岡製糸場や群馬サファリパークが近いということもありますが、人気の秘密は利便性だけではありませんでした。

 県内客が3割を占め、その半分は、なんと!地元の客だといいます。
 富岡市民や安中市民ということです。
 「どういうこと?」 と問えば、藤原さんいわく、
 「リラクゼーションに来ています」

 そう、近場の温泉施設に泊まって、のんびりと命の洗濯をしているのです。
 これって、現代の湯治場ですよね。
 1泊2食、7,500円~(税別) というリーズナブルな価格も、リピーターを生んでいるようですよ。
 今までにない、リゾートホテルの活用術に感心してしまいました。


 で、湯治客(?) が目当ての温泉が、これまたビックリ!
 二酸化炭素を含む炭酸水素塩泉なのですが、アルカリ度を示すpH値は7.1と中性。
 なのに、湯はトロトロのツルツルで、まさに全身にローションを塗りたくっている感触なのです。

 え、なんで? と、分析書を見れば、なななんと! ナトリウムイオン濃度が12,000㎎を超えているではありませんか!
 これって、海水の10倍の濃度なんですってね。
 もちろん、源泉のままでは強過ぎるため加水されていますが、それでも “トロツル感” は尋常ではありません。

 「常連の方は、みなさん、この浴感を気にって来られます」
 とは、むべなるかな。
 毎日、入浴だけに通ってくる地元民もいるそうですよ。

 ん~、お見それしました。
 つくづく、群馬の温泉は奥が深いと思います。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 川原湯温泉 「やまきぼし」 (2020-08-31 13:55)
 新鹿沢温泉 「鹿澤館」 (2020-07-12 11:35)
 谷川温泉 「別邸 仙寿庵」 (2020-06-23 15:18)
 老神温泉 「楽善荘」② (2020-06-03 11:48)
 霧積温泉 「金湯館」⑩ (2020-03-16 12:13)
 尻焼温泉 「ホテル光山荘」③ (2020-03-07 13:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
妙義温泉 「妙義グリーンホテル」
    コメント(0)