温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年07月13日

思い出のルースーチャーハン


 やっと、目覚まし時計をセットせずに、睡眠時間を確保することができました。
 久しぶりのオフ日を、のんべんだらりと過ごしています。

 この1週間は、仕事と介護に家庭の事情も加わり、体力ギリギリの生活を余儀なく強いられていました。
 睡眠時間は、平均4時間。
 食事をする時間もままならなかったため、常に睡魔と空腹に襲われている状態でした。

 少しでも時間が空いたら、体を横にすることを心がけていたのですが、この猛暑です。
 昼寝はおろか、仮眠も取れません。
 と、いうことで、睡眠不足は、はなからあきらめていました。

 問題は空腹です。
 腹は減るのに、食欲がないのです。
 食べたい物も、思いつきません。
 でも、何か食べなくちゃと思い、そのつど、目の前にあるパンやカップラーメンを無理やり胃袋に入れてしのいでいました。


 昨日の昼のこと。
 睡魔と空腹に耐えながら、家路を急いでいました。
 とにかく、体を横たえたかったのです。

 さる食堂の前を通りかかったときです。
 とっさに僕は、自転車のブレーキをかけました。

 <喜久屋食堂>

 知る人ぞ知る、前橋の人気B級グルメ店です。
 「えーと、なんて言ったっけなぁ……。あのチャーハン……。そうそう、ルースーチャーハンだ!」

 その途端、今まで食に対して鈍感だった僕の脳が、目覚めたように突然、信号を発し出しました。
 「ああ、ルースーチャーハンが食いたい!」 ってね。


 ルースーチャーハンは、「豚糸炒飯」 と書きます。
 読んで字のごとく、細切りされた豚肉とタケノコの炒め物がチャーハンの上にかけられた、一皿で二度美味しい贅沢なチャーハンなのです。
 20年前に出会った時の感動は、カツカレー以来の衝撃でした。

 僕は本能に導かれるまま、そのまま店内に入り、メニューも見ずに注文をしました。
 「ルースーチャーハン 並」
 これで700円とは、良心的な価格です。

 出てきた皿を眺めていたら、なんだかウルウルしてきて、すぐに手を付けられませんでした。
 遠い昔、家族みんなで食べに来た思い出が、よみがえってきてしまったのです。
 今はこうして、一人で食べています。


 厨房に目をやると、若主人が忙しそうに動き回る姿が見えました。
 確か、先代の親父さんが亡くなって、味を継いだと風の便りに聞いたことがありました。

 半分具をのけて、まずはチャーハンだけを食べ、次にチャーハンと具を交互に食べた後、残りの半分は本来の食べ方であるチャーハンと具を一緒に口の中へ!
 「う~ん、この味、この味!」


 店を出ると、ギラギラの太陽が容赦なく照り付けています。
 でも、なんだか、店に入る前と違う自分がいるのです。
 それが、なんだかは分からないのですが、少なくとも食欲がよみがえってきたことを喜んでいる自分がいました。

 「なーんだ、オレにだって、食べたい物がちゃんとあるじゃないか!」
 ってね。

 この調子で、なんとか夏を乗り切りたいと思います。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 カメラマンの目 (2021-02-21 11:48)
 コロナに惑う子どもたち (2021-02-20 12:13)
 小銭のぬくもり (2021-02-15 13:29)
 ハナシのハナシ (2021-02-14 11:28)
 恋の占い 「アキストゼネコ」 (2021-02-09 14:09)
 人面●身の妖怪たち (2021-02-05 13:35)

この記事へのコメント
小暮さん、おひさしぶりです!久々に遊びにきました。
ルースーチャーハン、おいしそうですね。いつか行ってみたいです。
記事が面白くて、ついつい色々読ませていただきました。
息子さんとのラーメンのお話、じーんときたり、くすっとしてしまいました。
お父様の介護のお話しは、通じない会話の部分で子育てに通づる部分を感じました。
いじめ問題の記事も、とても共感できました。私自身もいじめられ経験者ですが、いじめられている時って狭い世界観しか持てなくなってしまうんです。学校なんか行かなくたって、時間が出来れば学校で学べなかった勉強が出来たり、今までに見た事もない美しい世界に出会えたりして命のありがたさを感じられるはずなんですよね。

長々と失礼しました!
色々とお忙しい事と存じますが、お身体に気をつけてください!
Posted by グラフィックデザイナのSHIZUKA at 2015年07月14日 21:54
グラフィックデザイナーのSHIZUKAさんへ

お久しぶりです。
その後、お元気ですか?
確か、群馬に帰って来られたんですよね。
いつか、また仕事をご一緒できるといいですね。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年07月15日 15:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
思い出のルースーチャーハン
    コメント(2)