温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年07月15日

磯部温泉 「高台旅館」


 ♪ 夕焼け小焼けで 日が暮れて
   山のお寺の 鐘が鳴る
   お手々つないで 皆かえろ
   カラスと一緒に 帰りましょう ♪


 この猛暑の中、昨日の日中から磯部温泉(群馬県安中市) に入り込み、取材活動を続けていました。
 温泉地といっても、磯部温泉は標高の低い平野部に位置しますから、暑いのなんのって!
 まずは、ジリジリと肌を焦がす炎天下の碓氷川河川敷にて、磯部簗(やな) を取材。
 これまたジリジリとアユを焼く炭火の炎にあぶられ、汗だくになりながら塩焼きをほお張ってきました。

 ん~、ビールが欲し~い!
 という欲求を我慢(仕事中なんだからと、自分を諭しました)
 でも、1分でも早くビールが飲みた~い!

 ということで、早々に温泉街の取材は引きあげて、4時前には宿にチェックインしてしまいました。


 「高台旅館」 は、その名のとおり、温泉街を見下ろす高台に建っています。
 誰が呼んだか、「夕焼け小焼けの宿」。

 「その昔、お客様が、ここからの景色に感動して、そう名づけたといいます」
 とは、3代目女将の伊藤浩美さん。
 真っ赤に染まる夕空の中に、影絵のように浮かび上がる妙義山のシルエットは、それはそれは息をのむほどに美しいといいます。

 「昨日の夕焼けは、見事でしたよ。今日も見られるといいですね」
 客室を案内してくれた仲居さんにも言われて、
 「では、日没が近くなったら、西側の空いている部屋は、すべて使わせてください」
 と同行のカメラマン氏は、撮る気満々であります。


 ところが・・・

 昨日は、ほとんど雲のない快晴。
 夕陽の光が大空に抜けてしまって、きれいな夕焼けを拝むことができませんでした。

 「残念ですが、またのチャンスを狙いましょう」
 「そうですよ、磯部取材は始まったばかりです。来年の春まで、たっぷりと時間はありますから」

 あきらめるのも早い僕らは、
 「では、猛暑に乾杯!」
 とばかりに、まずはビールを乾いたノドに、キューっと流し込み、
 夕げの膳に出たアユの塩焼きを当てに、キーンと冷えた地酒の 「妙義山」 をいただきながら、またまた酔いしれたのであります。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 川原湯温泉 「やまきぼし」 (2020-08-31 13:55)
 新鹿沢温泉 「鹿澤館」 (2020-07-12 11:35)
 谷川温泉 「別邸 仙寿庵」 (2020-06-23 15:18)
 老神温泉 「楽善荘」② (2020-06-03 11:48)
 霧積温泉 「金湯館」⑩ (2020-03-16 12:13)
 尻焼温泉 「ホテル光山荘」③ (2020-03-07 13:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
磯部温泉 「高台旅館」
    コメント(0)