温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年07月16日

おだやかな夜


 「お前、顔が変わっちゃったね」
 「そうかい?」
 「だいぶ、やせちゃったものね」
 「ああ」
 「仕事が、きついのかい?」
 「べつに、そんなことはないけど」

 「すまないね」
 「・・・」

 88歳になった母親と、57歳になる息子の会話です。
 母親はベッドの中で、問いかけています。
 息子は台所に立ち、夕食の準備をしています。


 僕は今週も、実家に泊まっています。
 でも、オフクロと2人きりなんです。
 えっ、オヤジはどうしたのかって?
 死んじゃったのかって?

 いえいえ、大ボケ全開で元気に徘徊していますよ。
 あまりに元気過ぎるので、今月からショートステイを1泊2日から2泊3日に増やしたんです。
 そしたら、まー、静かで、平安な介護生活がやってきたのであります。

 頭以外は健康なオヤジと、頭だけが健康なオフクロ。
 どっちの面倒が大変かといえば、やっぱり頭が壊れてしまっている方なんですね。
 もちろん、体が不自由なオフクロを看るのも大変は大変なんですけど、精神的な苦痛がありません。
 だって、通常の会話ができるのですから。

 つくづく、人と人をつないでいるものは、“会話” なんだと知らされました。


 「お前は丸顔でさ、目がクリクリっとしていて、可愛かったんだよね」
 「過去形かい?」
 「頬がこけて、人相が変わっちゃったよ」
 「そうかもね」
 「でもさ、ちょっとイイ男になったね」
 「えー!」
 「モテるだろ?」
 「はっ? なんだい、そりゃ?」
 「たぶん、モテると思うよ」
 「もう、いいよ。その話は!」
 「ふふふ(笑い声)」

 取りとめもない話に、ホッとなごむのでした。
 オヤジには申し訳ないけど、実に、おだやかな夜でした。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 1985.8.12 の真実 (2021-03-07 11:34)
 エスカレートする不機嫌な大人たち (2021-03-03 12:50)
 もしも誰かと入れ替われるなら…… (2021-03-02 10:57)
 カメラマンの目 (2021-02-21 11:48)
 コロナに惑う子どもたち (2021-02-20 12:13)
 小銭のぬくもり (2021-02-15 13:29)

この記事へのコメント
お母様のツッコミの後ろから、「フムフム」とうなづきつつ
「お兄ちゃん」のその後も気になっていたり(笑)

野村先生の「おにころ」
ワタクシの学生時代の恩師が、かかわっていたようです。
今朝の新聞にも広告がでていましたね。
Posted by ぴー at 2015年07月17日 14:20
ぴーさんへ

野村先生の 「おにころ」、原作絵本も復刻し、ミュージカルも再演されることになりました。
老いてますます、創作活動に燃えている師を見習いたいと思います。

「い も う と」 のその後、ご期待ください。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年07月18日 00:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
おだやかな夜
    コメント(2)