温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年07月22日

大胡温泉 「三山の湯 旅館 三山センター」⑩


 今日は、前橋市鼻毛石町にある宮城公民館(旧宮城村) で開催された高齢者教室 「旅講座」 の講師に招かれ、2時間ほどの講演を行ってきました。

 高齢者教室というくらいですから、地域に暮らしている60歳以上の高齢者が対象なのですが、ま、市が開催する行事ですから、それ以外の人は絶対にダメ!ということはありません。
 実際には、50代の人もいましたし、地域外から申し込まれて参加した人もいたようです。

 ブログの読者もいましたよ!
 以前、僕が、宮城公民館へ会場の下見に行ったという記事を書いたところ、わざわざ問い合わせて、遠方より聴きに来てくださいました。
 うれしいですね。

 猛暑の中、100人を超える大勢の来場者がありました。
 この場を借りて、お礼を申し上げます。
 ありがとうございました。
 そして、公民館のTさん、大変お世話になりました。
 また、一緒に 『GO!GO!温泉パラダイス』 を踊りましょうね!


 講演を終えて、公民館を出たのは、午後の1時。
 汗をビッショリかいているし、お腹も空いています。
 汗も流せて、空腹を満たせる場所といえば、温泉です。

 宮城公民館からの帰り道に、ちょうど大胡温泉の前を通るのです。
 思えば今年は、3月11日の震災記念日以降、女将さんの顔を見ていません。

 昼飯は、焼きまんじゅうに決めました!


 「あ~ら、小暮さ~ん! 小暮さんの知り合いだという人が、たくさん来てくださってるのよ」
 と女将さんは、いつ訪ねても満面の笑みで僕を迎えてくれるのです。

 「昼飯、食べに来ました。ひと風呂浴びてくるから、焼きまんじゅうを焼いておいてください」
 そう告げると、僕は勝手知ったる館内を、タオルを振り回しながら浴室へ向かったのであります。
 相変わらず、浴室の前には、ベタベタと僕が書いた新聞や雑誌の記事が貼られています。
 このブログの記事までもが、大きく引き伸ばして展示されています。

 これでは、完全に僕の記念資料館じゃないですか!

 でも、うれしいですね。
 そんな女将さんがいる温泉宿だから、僕は旅館の前を素通りできないんですよ。


 相変わらず今日も、熱めのガツーンと五臓六腑に染み渡るようなパンチの効いた湯であります。
 おかげで、湯上がりは汗が噴き出して、いつまでたっても服が着られませんでしたよ。

 でもね、ノンアルビールとともに、かぶりついた焼きまんじゅうの美味しかったこと!
 思わず、「うんめぇ~!」 と声に出してしまったほどです。
 八丁味噌と京味噌の絶妙なブレンドと、香ばしい焼き具合! 見事です。

 これで1串5個で、200円という安さ!
 この味を目当てに、風呂に入りに来る人が多いのも納得です。
 僕も、必ず食べますもの。


 女将さん、ごちそうさまでした。
 また近くまで来たら、顔を出しますね。

 温泉と焼きまんじゅうは、実に相性が良いのであります。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 川原湯温泉 「やまきぼし」 (2020-08-31 13:55)
 新鹿沢温泉 「鹿澤館」 (2020-07-12 11:35)
 谷川温泉 「別邸 仙寿庵」 (2020-06-23 15:18)
 老神温泉 「楽善荘」② (2020-06-03 11:48)
 霧積温泉 「金湯館」⑩ (2020-03-16 12:13)
 尻焼温泉 「ホテル光山荘」③ (2020-03-07 13:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大胡温泉 「三山の湯 旅館 三山センター」⑩
    コメント(0)