温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年08月03日

一期二会


 読者のみなさんは、覚えていますか?
 今から1ヶ月半ほど前、僕がスクーターで北海道を旅する初老の男性に出会った話を。
 ※(2015年6月22日の 「男は二通り」 を参照)


 今日僕は、この間の駐車場で、そっくりなスクーターを見かけました。
 「ホンダ スーパーカブ50」。
 郵便配達のような真っ赤なボディも、同じです。
 さらに近寄って見れば、ナンバープレートは 「鎌倉市」。

 間違いない!
 あのオッサンのバイクだ!
 もしかして、北海道を一周して、また戻って来たのかもしれない!

 そう思うと、ドキドキしてきました。


 しばらく眺めていると、向かいのホテルの中からヘルメットを抱えた男性が出てきました。
 「あっ!」 と驚く僕に、
 「ただいま帰りました」 と笑うオッサン。
 相変わらず、顔の半分をおおったヒゲがカッコイイ!

 「ビックリしました。どうして、また前橋に?」
 「昨日の朝早く、フェリーで新潟に着いたんだけど、一気に鎌倉まで帰る気力と体力がなかったんだ」

 こんな偶然って、あるのだろうか……。

 「いゃ~、でも楽しかったな。雨にもよく降られたけど」
 「ご無事で何よりでした。ケガや病気もなく?」
 「ああ、オレはね。でも、ほれ、コイツが」
 と指さしたスクーターの後部ウィンカーの片方が、ガムテープで固定されていました。


 その後、僕らは10分ほど、1ヶ月半前と同じように、とりとめもない雑談をしました。
 結局、また最後まで互いの名前を名乗り合うこともなく。

 「それじゃあ」
 そう言って、オッサンはヘルメットをかぶり、エンジンを始動させました。
 「次の旅は、もう決まっているんですか?」
 「うん、中山道を日本橋から京都まで」
 「うわぁ~、すごい! いつですか?」
 「今月中には出発したいと思っているんだけど」

 「前橋は通らないですね」
 「そうだね」

 「お気をつけて」
 「ありがとう」

 やっぱり男って、二通りあるんですね。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)
 カウントダウン (2018-05-07 18:02)
 ホールインGW (2018-05-03 18:48)
 一期三会 (2018-05-01 12:25)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
一期二会
    コメント(0)