温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年08月12日

復活! 民話と伝説の舞台


 高崎市民のみなさ~ん、こんばんは!
 今日は、地域限定でお送りします。

 創刊30周年を迎えた高崎市のフリーペーパー 「ちいきしんぶん」(発行/ライフケア群栄)。
 発行部数10万部の県内最古の老舗タウン誌であります。

 僕は以前、この冊子に、いくつか連載をしていました。
 その1つ、2007年11月~2013年12月の6年間に連載していたシリーズ 『民話と伝説の舞台』 が、このたび、2年間の沈黙を破って帰ってきます!

 このシリーズは、連載開始当時から読者のみならず、各方面のメディアからも賛辞をいただくほど評判となり、長期シリーズ化となったエッセイです。
 テーマは、群馬県内に伝わる民話や伝説。
 物語を追いながら、その舞台となった現在の場所を訪ねます。
 そして、物語に隠された“嘘” と “真実” を解き明かす歴史検証ミステリーなのであります。

 たとえば、こんなテーマがありました。
 ●「姫よ、なぜにあなたは竜になった!?」(木部姫伝説)
 ●「高崎版 ロミオとジュリエットの悲劇」(佐野の舟橋)
 ●「しだれ桜を寺から移したのは誰だ!?」(夜泣き桜)
 ●「巨人が射抜いた岩は、どこへ落ちたのか?」(百合若大臣)
 ●「オオカミの首をねじ切った大男は実在した!」(鬼利兵衛)
 ●「茶釜のふたは、どこへ行った?」(分福茶釜前世物語)
 などなど。
 ※バックナンバーは、当ブログ 「お気に入り」 より閲覧することができます。


 と、いうことで、今日は久しぶりに奇妙な伝説を求めて、県内某村へ取材に行ってきました。
 その村にある “森” には、必ず縁を切ることができる石祠があるといいます。
 そして、その根拠となる伝説には、悲しく残酷な物語が隠されていました。

 『民話と伝説の舞台』 の連載再開は、9月の第3金曜日発行号からです。
 乞う、ご期待!
 

同じカテゴリー(取材百景)の記事
 される側の心理② (2017-09-03 17:16)
 龍を見たか (2017-07-15 13:13)
 いとしのシュンラン (2017-05-03 18:56)
 四万百遍 (2016-10-20 22:21)
 さいたまの里山てくてく歩き (2016-10-14 12:08)
 される側の心理 (2016-10-09 11:44)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
復活! 民話と伝説の舞台
    コメント(0)