温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年08月26日

湯ノ小屋温泉 「ホテル サンバード」


 「うっ、さむ!」

 昨日は、朝から時おり雨がパラつく曇り空。
 8月とは思えないほど気温も低く、前橋は少し肌寒いほどでした。
 だもの、みなかみ町は、まるで秋のような風が吹いてましたよ。

 まして、ここ宝台樹キャンプ場は、標高1,000メートルの高地。
 長袖のシャツを着てこなかったことを悔みつつ、白樺林に囲まれた 「自然花苑」 を散策しました。

 ヤナギラン、マツムシソウ、フシグロセンノウ、レンゲショウマ・・・
 咲き誇る夏の山野草に、受講生と一緒に僕も、はしゃいでしまいました。


 そうです。昨日は、NHK文化センター主催による野外温泉講座日だったのです。
 僕は7年前から、この講座の講師をしています。
 平成27年度前期の第5回講座は、群馬県最北の温泉地、湯ノ小屋温泉を訪ねました。

 ここでも、温泉宿の過疎化は進んでいます。
 2011~13年にかけて、僕はみなかみ町の18の温泉地を訪ね、すべての温泉宿(※)を取材して、『みなかみ18湯』(上毛新聞社) という上・下2巻の本を出版しました。※(みなかみ町観光協会加入旅館)

 この著書には、湯ノ小屋温泉の宿は11軒掲載されています。
 あれから、たった2年しか経っていないのに、今は9軒の宿になってしまいました。
 経営不振、後継者不在などの理由により、年々県内から温泉宿が姿を消しています。

 1軒でも多くの宿を残したい、1本でも多くの源泉を残したい、そんな思いからNPO法人を立ち上げたんですけどね。
 まだまだ力及ばず、いつも厳しい現実が目の前に立ちふさがっています。


 で、昨日は 「ホテル サンバード」 に行ってきました。
 「ホテル サンバード」 と聞くと、すぐにコスモスを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?
 今から20年ほど前、“一目百万本”のコピーが話題となった花の名所です。
 スキー場のゲレンデに、百花繚乱のコスモスが咲き誇ります。

 でも、まだちょっと時期が早かったようですね。
 咲いていたことには咲いていましたが、一面を埋めつくすほどではありませんでした。
 それでも高原の涼やかな風に吹かれ、揺れる可憐な花に心がなごみました。


 そして、サンバードといえば、風呂の数の多さでも有名です。
 大浴場と大露天風呂のほか、「温泉道楽」 と名づけられた11種類の個室貸切露天風呂があります。
 なんと! 2代目社長の松本亨太さんのはからいにより、これらの風呂全部に入れることになりました。
 そりゃ~、みなさん大喜びであります。

 でもね、僕としては、ここに来たら、ぜひ入っていただきたい風呂があるのです。
 それは、ホテルから離れたゲレンデ内の森の中にある “野天風呂” であります!
 自然の地形そのままに造られた、滝を眺める野趣に富んだ岩風呂です。

 もちろん歩いても行けますが、マイクロバスでの送迎もしてくださいます。


 温泉にのんびり浸かったあとは、お決まりのビールで乾杯!
 いい湯と、いい仲間に囲まれて、毎回、本当に楽しい講座です。

 受講生のみなさーん、いつもありがとうございます。
 これからも、よろしくお願いしますね。
 来月は、いよいよ県外の “あの” 名湯を訪ねますよ。
 お楽しみに!
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
湯ノ小屋温泉 「ホテル サンバード」
    コメント(0)