温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年09月05日

大事なことは飲み屋で決まる②


 あれから、ちょうど1年が過ぎました。
 いまだに体重は、13㎏減少したままです。

 “あれから” とは、逆鱗に触れた日のこと。
 1年前に、ちょっとした家庭内トラブルがありまして、「晩酌断ち」 をしたのであります。
 そしたら、あれよあれよのうちに体重が落ちてしまったのでした。
 ※(2014年9月12日 「逆鱗の功名」 参照)


 今でも晩酌はやめていますが、決して酒はやめていません。
 睡眠導入剤代わりの寝酒程度は、毎日しています。
 といっても、以前から比べたら、めっきり弱くなりましたよ。

 それでも酒は、僕の人生には、なくてはならない宝物なのであります。
 酒のあるところ仲間が集まり、そして素晴らしき人生のアイデアを導いてくれる “魔法の水” なのであります。


 昨晩は、久しぶりに某紙の編集者たちと、高崎市で飲みました。
 なぜか、顔を合わせる早々 「今日は、ハシゴをしよう!」 ということになり、駅前から店を物色しながら歩いたのであります。
 結局、そんなに飲めるわけがなく、3軒目で解散となりました。

 が、河岸を変えるたびに、僕らの感性は研ぎ澄まされていき、次々と奇抜的なアイデアや企画が飛び出すのであります。
 エッセイ連載のテーマと切り口から始まり、しまいには書籍化までたどり着きました。

 これ、すべて “魔法の水” の成せる業なり。


 思えば、今までも僕は、大事なことは、すべて飲み屋で決めていたのです。
 これだもの、晩酌はやめても、酒はやめられませんって!


同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 幻に始まり、幻に終わる。 (2017-10-09 15:59)
 月に酔う 酒に跳ぶ (2017-10-05 19:00)
 赤兎馬に酔う夢のつづき (2017-09-17 23:01)
 七夕の夜風を切って救急車 (2017-07-09 17:30)
 なぜにあなたはHへ行くの? (2017-06-29 14:54)
 赤兎馬に願いを込めて (2017-06-03 13:26)

この記事へのコメント
はい!
誰に何と言われても・・・
温泉とお酒はやめられません♨
Posted by mimi at 2015年09月05日 20:37
mimiさんへ

ですよねぇ~!
温泉と酒は、セットです。
だから酒もやめられないけど、この仕事もやめられないのです。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年09月06日 10:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大事なことは飲み屋で決まる②
    コメント(2)