温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年09月06日

爽快! 滝見風呂


 僕は、「内風呂派」 であります。
 このブログだけでなく、新聞やテレビでも、そう公言しています。

 理由は、1つ。
 圧倒的に、鮮度、泉質ともに “湯が良い” からです。
 それは、湯守(ゆもり) の技が発揮できる浴槽スタイルということです。

 一方、露天風呂は屋外ということもあり、湯が「冷めやすく」 「汚れやすく」、おまけに 「菌が繁殖しやすい」 という悪条件が揃っています。
 よっぽど湯量があり、しかも源泉の温度が高くない限り、湯守が理想とする露天風呂は造れません。

 いかにも客のニーズに応えて、無理やり造った感のある “なんちゃって露天風呂” が多いことか!
 昭和60年代以降のブームに乗って造られた露天風呂のことです。
 時々、猫の額ほどの裏庭や駐車場をつぶして造った小さな露天風呂を見かけますが、そのたびに僕は 「そこまでしなくてもいいのに。あんなに、いい内風呂があるのだから」 と、とても残念な気持ちになります。


 僕は内風呂派ではありますが、決して露天風呂の存在を否定しているわけではありません。
 湯量が豊富で、自然環境に恵まれた温泉では、創業時から露天風呂がある宿もあります。
 自然の地形をそのままに造られた野趣にあふれた露天風呂ならば、大歓迎であります。

 群馬の場合は、海なし県ですから、渓谷沿いに造られた露天風呂が多いですね。

 で、その中でも、天然の滝を眺めながら入れる風呂となると、群馬広しといえども、数えるほどしかありません。
 あえて “天然” と書いたのは、庭園風呂や岩風呂と称して、人工の滝を造っている宿もあるからです。
 また、滝見風呂といいながら、実は砂防ダムだったりする場合もあります。

 正真正銘の自然にできた滝を、湯舟の中から眺められる宿となると、ほんの数軒しかありません。


 と、いうことで、僕がコメンテーターを務めている群馬テレビの 『ニュースジャスト6』 では、次回、とても稀少な滝を眺められる温泉宿を紹介します。
 露天風呂だけではなく、内風呂から滝が見られる宿もあるんですよ!
 ご期待ください。


 ●放送局  群馬テレビ(地デジ3ch)
 ●番組名  「ニュースジャスト6」
        NJウォッチのコーナー
 ●放送日  9月10日(木) 18:00~18:35
 ●ゲスト  小暮 淳 (温泉ライター)
 ●テーマ  「爽快! 滝見風呂」
 

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 金は出すが口は出さぬ (2018-12-02 13:37)
 美肌と温泉と空っ風 (2018-11-21 14:10)
 冬はニオイに御用心! (2018-10-17 13:02)
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)

この記事へのコメント
私もちょっと思ってました。
滝って、あれ、砂防ダム…だよねぇ?なんて。
もちろんそれはそれで、良いのですが。

どこだろう、楽しみだな。
小暮さんの本や出演するテレビを見てると、行きたい所がどんどん溜まっていくので困っちゃいます♪
Posted by ぽんすけ at 2015年09月06日 17:40
ぽんすけさんへ

いつも、ご愛読、ご視聴、ありがとうございます。
温泉の楽しみ方って、本当に奥が深いですよね。
知っているようで、知らない温泉の魅力!
まだまだ、たくさんありますよ。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年09月07日 00:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
爽快! 滝見風呂
    コメント(2)